acqua alta

京都発の「旅」「舞台探訪」「写真」を主したブログ
Top
|
|
2012年 06月 26日 |
 今回は、第4話の千反田家への道を取り上げてみます。場所を把握するのに苦戦しましたが、アル@晴さんと共に共同戦線を張って、何とか場所まで辿りつきました。自販機と電柱の位置が違ったり、一方通行に苦戦し、車の置き場に困りと、中々の濃密な苦戦感でしたw。

d0217090_0485665.jpg
d0217090_0485347.jpg

この場所へは、車を駐車場に停めて、歩いて回りました。

d0217090_0485639.jpg
d0217090_0485368.jpg

見事に位置が違いますね。

d0217090_0485783.jpg
d0217090_0485411.jpg

車の色に感動してみたり。

d0217090_048573.jpg
d0217090_0485457.jpg

櫻ヶ丘八幡神社前になります。

d0217090_0485826.jpg
d0217090_0485576.jpg

探訪当時の印象としては、のどかな雰囲気。車の量も少なかったです。

d0217090_0485873.jpg
d0217090_0485599.jpg

神社の近所にある家で子供たちが屋根の上で遊んでいて、少しカルチャーショック。

次回は、第5話を。

[PR]
2012年 06月 23日 |
 久方の更新。今回は第4話に登場した鍛冶橋交差点にスポットを当ててみます。チタンダエル邸へ向かう途中のシーンになります。有名なみたらし団子のお店があったり、高山バーガーの垂れ幕がある「ガラスのミニチュア&カフェ ハナミズキ」などが軒を連ねています。ちなみに高山バーガーは飛騨牛100%とな。

d0217090_16211995.jpg
d0217090_16211597.jpg

鍛冶橋交差点付近での撮影は、4話に限らず多いですね。

d0217090_16211761.jpg
d0217090_16211559.jpg

一度食べてみたい高山バーガー。

d0217090_16211837.jpg
d0217090_16211629.jpg

折木君は、ゆる系の服が好きなのか。

d0217090_16211857.jpg
d0217090_16211622.jpg

蹴る折木君。

d0217090_16211938.jpg
d0217090_16211781.jpg

このシーンに関しては、ちょっと微妙な。

次回は、チタンダエル邸へ向かう道中を取り上げます。

[PR]
2012年 06月 09日 |
 今回は第2話を取り上げてみます。舞台は、高山市内の一本杉神社と喫茶バグパイプ。珈琲好きとして、水出し珈琲を扱われているということで、期待しておりました。実際に飲むとコクがしっかりとしてましたし、美味しかったです。また、朝食を食べてなかったので、ジャムトーストも頂きましたが、喫茶で食べるトーストは味が違うように感じますね。

d0217090_2382548.jpg
d0217090_2361019.jpg

一本杉白山神社の狛犬。

d0217090_2383213.jpg
d0217090_2361195.jpg

シールが見事に同じです。

d0217090_2381530.jpg
d0217090_2361194.jpg

町内にあるこじんまりとした神社。

d0217090_238514.jpg
d0217090_2361277.jpg

バグパイプ外観。

d0217090_2372338.jpg
d0217090_2361215.jpg

店内には、様々な時計が設置されています。

d0217090_2361712.jpg
d0217090_2361335.jpg

これだけの時計があるということは、何かしら時計と縁のあるお店なのだろうか。

d0217090_2373626.jpg
d0217090_2361375.jpg

時間の一致はせず。この同時間帯にいけば、探訪者は間違いなくいると思う。

d0217090_2374776.jpg
d0217090_2361467.jpg

少しアングルがズレました。

d0217090_2365749.jpg
d0217090_2361435.jpg

柱に設置されている電話がいい味を出してます。

d0217090_2361789.jpg
d0217090_2361543.jpg

次回、高山へ訪れた時も、珈琲をいただきに訪れたいですね。

d0217090_2375772.jpg
d0217090_236155.jpg

私、気になるんですよ。

d0217090_2371398.jpg
d0217090_236169.jpg

私の鞄が写っておりますが。

次回へ続く。

[PR]