acqua alta

京都発の「旅」「舞台探訪」「写真」を主したブログ
Top
|
|
2015年 08月 24日 |
d0217090_08265152.jpg
 お久しぶりです。今回は8/22,8/23と長野県にある白樺湖及び霧ヶ峰へ行ってきました。もちろん探訪で,「ヤマノススメ」「冴えない彼女の育てかた」の舞台でございます。主に霧ヶ峰がヤマノススメ,白樺湖が冴えカノです。今回,私は茅野駅から白樺湖経由で霧ヶ峰へ向かいましたので下記に表記しておきます。なお,白樺湖からは登り一辺倒の登山道を歩いて霧ヶ峰山頂に向かいました(笑。

アルピコ交通:http://www.alpico.co.jp/access/suwa/ 
茅野駅発バス:http://www.alpico.co.jp/access/suwa/pdf/chino_shirakabako_kirigamine_kamisuwa2015.pdf
上諏訪駅発バス:http://www.alpico.co.jp/access/suwa/pdf/kamisuwa_kirigamine_shirakabako_chino2015.pdf
蓼科・霧ヶ峰・白樺湖フリー切符:http://www.alpico.co.jp/access/ticket/tateshina_free.html#1day_2day

d0217090_08441382.jpeg
上記が白樺湖畔で撮影したスポットです。
d0217090_08411850.png
① 湖畔周辺は1時間強もあれば,歩いて回ることができます。
d0217090_08464296.png
② 白樺が幾多にも生えており,人が入れる場所を見つけることができませんでした。
d0217090_08482485.png
③ 対岸の草木が茂っている場所も人が入れそうにありません。
d0217090_08522579.png
このカットは見つけだすことができませんでした。
展望台の方はビーナスラインの道中に何か所かありましたが確定的なものはなく...
d0217090_08562107.png
 車山山頂にて撮影。

 山頂に向かう道中に何か所か白樺湖を眺めるスポットがありましたが,山頂が一番近いと思います。私は歩いて山頂まで向かいましたが,車山高原駐車場から展望リフトが出ております。車山高原から山頂までは非常に勾配が厳しいのでリフトで向かうのをオススメします(笑。山頂は肌寒いので薄手の上着があると便利です。展望リフトに関しては下記に詳細を載せておきます。
d0217090_09045401.jpg
車山高原 展望リフト:http://kurumayama.sakura.ne.jp/summer/lift


======下記以降は車山山頂で撮影した写真を掲載していきます======

d0217090_09053692.jpg
八ヶ岳
d0217090_09054746.jpg
山頂から見る八島ヶ原湿原①
d0217090_09055047.jpg
山頂から見る八島ヶ原湿原②
d0217090_09055775.jpg
霧ヶ峰ビーナスライン

当ページの画像は比較研究で引用しております。作品の著作権は©2015丸戸史明・深崎暮人・KADOKAWA富士見書房/冴えない製作委員会様に帰属します。

[PR]
2014年 01月 03日 |
久しぶりの更新になります。今年もよろしくお願いします。年初め最初の記事は、お気に入りである「のんのんびより」です。10話で登場した展望台を求めて松代まで行って参りました。一致度は、思った以上に合わない点が多く、中々苦しいものがあります。

d0217090_7464094.jpg
今回私は、しなの鉄道屋代駅でレンタサイクルを貸りて、片道約30分かけて妻女山に向かいました。
2時間未満だと500円で荷物も預かっていただけるのでお得だと思います。
d0217090_7464127.jpg
妻女山展望台
d0217090_7464252.jpg

d0217090_7464454.jpg

d0217090_7464567.jpg
展望台の構造的に厳しいものがあります。
d0217090_74646100.jpg
撮影位置の真後ろには墓のような石碑のようなものが設置されており、下がるのは難しいです。
d0217090_7464725.jpg
休憩するベンチはありません。展望台の真横は道路になっております。
d0217090_7465030.jpg
ここからは余談。登山口の手前にある看板。真上には上信越自動車道。
d0217090_7465220.jpg
アニメ関係なく、歴史ファンよく訪れたりもしているようです。
d0217090_7465388.jpg
d0217090_7465592.jpg
展望台へ向かう道中は、それほど急な坂ではないのですが、要所で道が凍結していました。
d0217090_746577.jpg
d0217090_7465886.jpg
d0217090_747073.jpg
作中再現のように初日の出をここで観れれば最高ですが、残念なことに方向が北側を向いております。

[PR]
2012年 05月 01日 |
 小諸へ行く前に立ち寄った、戸倉上山田温泉にある荒砥城跡。一度行ってみたいと思っていましたので、上山田温泉に宿を取りました。ここの温泉も素晴らしく、湯花盛り沢山の湯はいいですね。宿泊した宿の女将さんに車で荒砥城の入り口まで送っていただきました。

参考URL:http://www.furin-kazan.jp/nagano/shiseki/entry/000574.php

d0217090_10221997.jpg

入館料は300円

d0217090_10221910.jpg


d0217090_10222023.jpg


d0217090_10222030.jpg


d0217090_10221327.jpg

戸倉の桜はピークを過ぎて散り始めていました。

d0217090_10222195.jpg


d0217090_10222135.jpg

この景色は、今も昔も変わっていないんでしょうね。

d0217090_10222141.jpg


d0217090_10222290.jpg


荒砥城に行く途中にあるケーブルカーの廃墟や寺、資料館などが異様に不気味だった。

[PR]
2011年 10月 11日 |

10月10日にちょうど、清里に訪れた際、偶然にもクラシックカーのイベントが行われておりました。

「La Festa Autunno 2011」

特に目当てで来たわけでもなく、詳しいわけでもないですが、こういう地で見ると、新鮮味がありますね。

d0217090_2119426.jpg

タレントの堺 正章さん。全然気づいてなかったけど、帰ってサイト見てビックリw

d0217090_21195145.jpg

あんまりスピードを出せるエリアではないので、スピード感は控えめ。

d0217090_21195834.jpg

車のメーカーは何とかギリギリ知ってるぐらいですかね。

d0217090_2120562.jpg


d0217090_21201231.jpg


d0217090_21201863.jpg


d0217090_21203120.jpg

こちらは、鈴木亜久里さん。

d0217090_21203752.jpg

そして、ジローラモさん。

京都でも稀に見かけるけど、清里で見かけるとはw
[PR]
2011年 08月 10日 |

4日に上田上陸で一泊。

翌5日に軽井沢上陸。

6日午後に再度上田に上陸ですw

目的は、「上田七夕まつり」と「信州上田大花火大会」。

d0217090_20543587.jpg

上田駅から真っ直ぐ北に進んだところにある海野商店街。

そこで開催されているのが「上田七夕まつり」

基本的には、子供向けという感じで、小さな子がはしゃいでおりました。

d0217090_20544181.jpg

d0217090_20544731.jpg

d0217090_20545482.jpg

d0217090_2055520.jpg

16時にアリオ上田で昼食を食べて、いざ花火大会の陣取り!

d0217090_20551274.jpg

と思いきや、この後豪雨。

17時過ぎまで、用意していた雨対策で凌いでいたのですが、電子機器を幾つも持っている故、断念。

鎌倉の梅雨対策で購入した大きな折りたたみ傘、ザックカバー、一眼レフ用レインカバーを備えていたものの、対応できず。

この悔しさは忘れないですね。

必ずやリベンジということで、信州上田大花火大会は必ずや見に行く!!

来年のカレンダーを見て、内田先生のサイン会とセットで行くよ!!!



本当なら、私も動画を撮る予定だったんだ。。。


[PR]
2011年 08月 10日 |

信州上田。

本当なら、3月11日に訪れる予定でした。

d0217090_20293091.jpg

上田城跡です。

昨夏にも訪れている地なのですが、当時は体調不良の中の強行だったので、今回は力が入ってます。



京都に比べると湿度が低い分、マシですが、やはり暑い上田。

たまらず、隣接している観光会館に逃げ込んでしまいますw

d0217090_20292315.jpg

d0217090_20291513.jpg


観光会館では、無料でそば茶をいただけたり、サマーウォーズ関連の情報が手に入ります。

SW関連の仲間も訪れてくるケースが高いので、情報交換なども面白いです。

観光課の方に、花火大会の穴場スポットをしつこく聞きましたが、やはり無いとのこと。

[PR]
2011年 08月 09日 |

今回の目玉の一つであった、信州上田。

そして、サマーウォーズの舞台になっている砥石米山城。
d0217090_20262234.jpg

こちらは、伊勢山バス停。

周辺には郵便局があり、道を下るとセブイレがあります。
d0217090_20262875.jpg

嬉しい弾幕。

来た甲斐があります。

d0217090_20263614.jpg

真田家の匂いがぷんぷんしてきます。
d0217090_20264393.jpg

上田市一望。

ここに来るには、結構な疲れ具合を覚悟しないといけない。

後、限りなく両手が使える状況と、水分等の準備は必須。

それと、怪我すると思えば、止めた方がいいレベルです。


[PR]
2011年 08月 09日 |

田中駅で下車し、徒歩で30分ぐらいで海野宿に到着。
d0217090_20141336.jpg

海野宿は1625年に北国街道の宿場町として作られ、「うだつ」が有名です。
d0217090_20142197.jpg

よく、うだつが上がらないなんて言いますね。

「うだつ」とは裕福な家が作ることができたそうです。
d0217090_20142760.jpg

途中見つけたシェパード。

見つめる先は、こやつ。
d0217090_20143470.jpg

犬の方は、興味津々で見ているが、ネコの方は知らん顔w。

[PR]
2011年 08月 04日 |
昨夜、夜行バスで一路、長野県更埴インターでに行き、最寄りの屋代高校前駅から信州上田へ。

d0217090_1821172.jpg


d0217090_18212179.jpg

一年ぶりの信州上田。

リアルサマーウォーズの地です。

今日は一日、しなの鉄道沿線途中下車をしてきました。

この記事では、主要である信州上田について書いていきます。

d0217090_18212585.jpg


d0217090_18212893.jpg

上田駅から2番乗り場か3番乗り場のバスで伊勢山バス停へ。料金は400円。

バス停から少し下がったところに登山口があるので、そこまで坂を登る。

d0217090_18213383.jpg


ご丁寧にMAPがあります。が、体力が無い人や汗をかくのが嫌な人、岩登りが嫌いな人は止めてをくのがいい。

d0217090_18213798.jpg


写真ではわからないけど、結構な坂。

d0217090_18214298.jpg


久しぶりにヤバさを感じるものです。

その分、景色は天下を取ったかの様な上田市の絶景。

この登山で体力を7割奪われました。

夜行バスで消耗した身体にはキツかった(-。-;
[PR]
2011年 05月 02日 |
昨夏訪れた信州上田。

今年の春に再訪しようと、計画していたのですが、途中で震災に遭遇し断念。

できれば、今夏に再訪を出来ればと。



この曲を聴きながらね。

d0217090_16533914.jpg

d0217090_16534154.jpg

d0217090_16534331.jpg

d0217090_16534451.jpg

d0217090_16534445.jpg

d0217090_16534596.jpg

上田わっしょい、行けたらいいな。
[PR]