acqua alta

京都発の「旅」「舞台探訪」「写真」を主したブログ
Top
|
|
2014年 08月 18日 |
 今回は第3話に登場したシーンを掲載していきます。掲載カットのほとんどは荏柄天神のカットになりますが、ヤヤの実家や鎌倉の観光地なども登場しております。荏柄天神といえば、学問の神様で京都の北野天満宮、福岡の太宰府天満宮と並ぶ三大天神社として有名です。

当ページの画像は比較研究で引用しております。作品の著作権は©浜弓場 双・芳文社/ハナヤマタ製作委員会様に帰属します。
d0217090_20460627.jpg
鎌倉駅から徒歩圏内ですが、バスの便数もあります。
d0217090_20475995.jpg
小町通・夢見屋小町通店
d0217090_20473548.jpg
荏柄天神社
開門8:30
閉門16:30
d0217090_20473538.jpg
荏柄天神社
d0217090_20473531.jpg
荏柄天神社
d0217090_20473580.jpg
荏柄天神社
d0217090_20500234.jpg
荏柄天神社
d0217090_20500295.jpg
荏柄天神社付近
d0217090_20500260.jpg
荏柄天神社
d0217090_20500305.jpg
荏柄天神社
d0217090_20500313.jpg
荏柄天神社
d0217090_20505891.jpg
荏柄天神社
d0217090_20505895.jpg
荏柄天神社
d0217090_20505913.jpg
荏柄天神社
d0217090_20505986.jpg
荏柄天神社
d0217090_20505917.jpg
荏柄天神社
d0217090_20561487.jpg
荏柄天神社
d0217090_20515072.jpg
段葛・こ寿々
11:00~18:30
定休日:月曜(祝日の場合は翌日)
http://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140402/14000268/
d0217090_20515044.jpg
段葛・こ寿々
d0217090_20515085.jpg
段葛・こ寿々
d0217090_20515003.jpg
段葛・こ寿々
d0217090_20571333.jpg
小町通・コアンドル前
d0217090_20571406.jpg
小町通・はんなりいなり前
d0217090_20571438.jpg
JR鎌倉駅東口バスロータリー前

第4話へ続く...

[PR]
2014年 08月 16日 |
 前回に続きハナヤマタ第2話をご紹介いたします。今回はカット数は極端に少なめにした分、登場したお店のご紹介をヤヤ増しにしようかと思います。なる達が作中で食事をしていた場所は鎌倉駅すぐ小町通の路地にある「納言志るこ」です。鎌倉好きな方や旅行雑誌を読まれた方なら見覚えがある店名でしょう。当の私も名前は把握しておりましたが、残念ながら甘い物(アイスクリームを除く)が得意ではないので、今回探訪に合わせて訪れてみました。
d0217090_22390461.jpg
当ページの画像は比較研究で引用しております。作品の著作権は©浜弓場 双・芳文社/ハナヤマタ製作委員会様に帰属します。
d0217090_22401632.jpg
一致度は甘めですが、作中のお店は「納言志るこ」でほぼ確定でしょうか。
昼過ぎに訪れても、お客さんの足は耐えない人気店です。
d0217090_22412214.jpg
私が頼んだのは「クリームあんみつ」
またもカット甘めですw。作中とはおそらくメニューが違いますね(爆
d0217090_22423122.jpg
納言志るこ
http://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140402/14001525/
営業時間11:00~18:00(17:00ラストオーダー)
定休日:毎週水曜&第3木曜
d0217090_22451764.jpg
個人的にはアイスクリームかジュースが範囲内でしょうかw
d0217090_22463832.jpg
カキ氷もメニューにありますので、ハナヤマタ巡礼の合間にどうでしょうか。
d0217090_22472727.jpg
坂ノ下の海岸沿い。
こちらに来られる際にお勧めのお店があります!
d0217090_22494060.jpg
Cafe坂ノ下
http://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140402/14012038/
平日10:00~16:30
休日10:00~17:30
定休日:月曜&火曜
d0217090_22522398.jpg
鎌倉を舞台にした作品「青い花」に登場したカフェです。
アニメ化されておりますが、アニメ終了後の話に登場します。
「青い花」ファンなら是非!ただし、超人気店ですので開店直後の訪問が前提です。
また、フジテレビのドラマのロケ地としても使われており、女性客多数ですw

第3話へ続く...

[PR]
2014年 08月 14日 |
 今夏放送中の鎌倉アニメこと「ハナヤマタ」の舞台探訪を先日行ってまいりました。夏の鎌倉湘南ということで、人混みが凄い!特に江ノ電沿線に観光スポットには人が溜まり込んでおりました。今回探訪した作品「ハナヤマタ」の主な登場場所は鎌倉五山五位の寿福寺を始め、鎌倉高校前駅や荏柄天神が登場しております。また夏季の期間中、ハナヤマタと江ノ電がコラボしており、巡礼と合わせての観光はどうでしょうか。
d0217090_21040614.jpg
大まかな地図ですが、OP&第1話に登場した場所です。

当ページの画像は比較研究で引用しております。作品の著作権は©浜弓場 双・芳文社/ハナヤマタ製作委員会様に帰属します。

d0217090_21073368.jpg
OP:江ノ電・鎌倉高校前駅付近。
作中カットに見える島は、ビビッドレッド・オペレーションの舞台・伊豆大島ですかねw
d0217090_21100444.jpg
OP:鎌倉高校前駅付近
d0217090_21102654.jpg
OP:七里ヶ浜
d0217090_21110147.jpg
OP:荏柄天神
d0217090_21112767.jpg
OP:七里ヶ浜
d0217090_21115029.jpg
OP:七里ヶ浜
d0217090_21121765.jpg
第1話:鎌倉高校前駅付近
この踏み切り周辺での撮影は交通量が非常に多いのでご注意ください。
d0217090_21131907.jpg
第1話:鎌倉高校前駅付近
余裕を持って撮影するなら朝一がベストです。
d0217090_21131984.jpg
第1話:鎌倉高校前駅付近
d0217090_21131967.jpg
第1話:鎌倉高校前駅付近
d0217090_21131937.jpg
第1話:坂ノ下付近
一部、坂ノ下の歩道が使われてます。TARITARIでも出ましたね!
d0217090_21161885.jpg
第1話:鎌倉高校前駅付近
d0217090_21161813.jpg
第1話:鎌倉高校前駅付近
d0217090_21161890.jpg
第1話:寿福寺
正門ではなく、鎌倉駅西口から横須賀線沿いを北上し、左側路地に入ったところにあります。
d0217090_21161807.jpg
第1話:寿福寺トンネル
上記を更に進むとあります。
d0217090_21193554.jpg
第1話:寿福寺トンネル
d0217090_21193589.jpg
第1話:金沢街道沿い
色々と候補があるようですが、パイプがある橋の一つとして掲載しました。
極楽寺の桜橋なども興味深いところです。
d0217090_21193565.jpg
第1話:金沢街道沿い
d0217090_21193560.jpg
第1話:荏柄天神
d0217090_21270007.jpg
第1話:御霊神社
d0217090_21270030.jpg
第1話:御霊神社
d0217090_21270070.jpg
第1話:段蔓
鳥居後方に桜が幾多にも点在する段蔓で、候補の一つとしてどうでしょう。
d0217090_21270041.jpg
第1話:荏柄天神
d0217090_21294075.jpg
第1話:荏柄天神
d0217090_21294056.jpg
第1話:荏柄天神
d0217090_21294031.jpg
第1話:荏柄天神
d0217090_21294057.jpg
第1話:荏柄天神
合う合わない関わらず、とりあえず撮影してみました。
d0217090_22055703.jpg
第1話:鎌倉高校前駅付近
d0217090_22055784.jpg
第1話:鎌倉高校前駅
真正面から撮影する場合、歩道及びスペースがないので要注意です。
d0217090_22055790.jpg
第1話:鎌倉高校前駅付近
d0217090_22055797.jpg
第1話:鎌倉高校前駅付近

第2話へ続く...

[PR]
2013年 10月 23日 |
 今回は久しぶりの「青い花」探訪記事と、10月20日に鎌倉文学館で行われた空気公団のLIVEへの道のりを載せていきます。鎌倉に行くのも久しぶりで、昨年9月30日の台風上陸時に半日だけ観光できたぐらいで、個人的には物凄く久しぶり感ある鎌倉上陸でした。また、鎌倉文学館入館に関しては、昨年9月30日は展示替えで拝観することすらできず、本当に久しぶりの鎌倉文学館でした。

d0217090_16453910.jpg
こちらは、未だに未回収だった北鎌倉でのカットです。
所在は、住宅地につき地図は載せませんが、落ち着いた雰囲気で北鎌倉を一望できます。
d0217090_1645434.jpg
こちらも上記とほぼ同じ場所での撮影。
最終話のカットで、印象的なシーンの一つです。

 TVアニメでのカットはこれである程度カバーできたかと思います。「青い花」は鎌倉を知るキッカケになった作品で、色々と鎌倉の街を歩き回ることで魅力に引き込まれ、「青い花」だけはなく鎌倉に纏わる作品にも興味を抱きました。それが「ラヴァーズ・キス」や「海街diary」でした。今は作品に留まらず、鎌倉で行われる祭事や行事、イベントにもちょくちょく顔を出しては一人で満喫しております。今後もそれは変わらないでしょうし、「青い花」が全てのキッカケであることも変わらないと思います。先月、「青い花」の原作が完結してしまい、寂しい思いがありますが、これから何度でもあきらとふみが息づく街に訪れたいと思っております。


d0217090_171510.jpg
ここからは、10月20日、21日に撮影した鎌倉写真を載せていきます。あいにくの天気でしたが、地元に帰ってきた感が味わえてよかったです。
d0217090_1704825.jpg
鎌倉駅西口時計台前に朝8時集合でしたが、早めに到着したので鶴岡八幡宮にご挨拶してきました。
d0217090_171698.jpg
今回はBTCメンバーである夷さん、ゴン太さん、MatsuYanさん、athnoさんとご一緒させていただきました。
d0217090_1703079.jpg
朝8時にスタバ御成店でご挨拶をしてから、10時開店と同時に和田塚にある無心庵に寄りました。
d0217090_171762.jpg
いつもは一人で来店していたので、また新鮮な感覚でした。私は豆かんが苦手なので、きな粉餅を。
d0217090_170491.jpg
開店同時に入りましたが、すぐに他のお客さんも来店しており、ガイドブックにも定番記載されているだけのことはあります。
d0217090_170315.jpg
食後、13時開演のLIVEに備えて早めの鎌倉文学館入館。
d0217090_171878.jpg
藤ヶ谷女学院通学路。ここに入るだけで、一気に雰囲気が「青い花」に。そして、響き渡る空気公団のリハーサル。
d0217090_1703327.jpg
何時以来だろうか?と遡るほど久しぶりの鎌倉文学館。空気公団LIVEは入館料400円で入場できます。
d0217090_1711094.jpg
こういう通学路を通って、トンネルを抜けて学校に行ける幸せを踏みしめながら・・・。
d0217090_1705287.jpg
庭では軽食を取ることができます。ベンチに座りながら、近所のコンビニで買った食料をmgmg。そして美味しい、文学館ブレンド。
d0217090_1703497.jpg
Twitterアイコンにしていますが、文学館のバラ園が見頃を迎えています。
d0217090_1711428.jpg
バラが見頃の文学館に来たのは初めてで、静寂な雰囲気に咲くバラが心地よかったです。
d0217090_172497.jpg
LIVE準備が着々と遂行中。
d0217090_1721844.jpg
LIVE終了後。鎌倉文学館を背景に聞ける「青い花」。何とも素晴らしく心地よく、いろんな思い出が蘇ってきて感動しました。
「青い花」を演奏されている最中、何度も鎌倉文学館の建物を見てしまいました。風景と音楽がマッチした時の感覚は凄いものです。
d0217090_1722267.jpg
時間が飛んで21日午前の海蔵寺。ゴン太さんに無理を承知で一緒に回らせていただきました。
d0217090_1723321.jpg
私自身は、北鎌倉から亀ヶ谷切通しを経由し鎌倉へ向かうルートが鉄板で、道中にある海蔵寺は花豊かな寺でオススメです。
d0217090_1723896.jpg
こちらは、「海街diary」3巻表紙となっている極楽寺駅前。あいにく土砂降りでしたが、何とか収めました。私が最も好きな地域です。
d0217090_1725186.jpg
御存知、鎌倉高校前駅。雨模様ですので、人も少なくゆっくりとホームで寛げました(笑。
パンを購入して、ここのベンチで江ノ島と海を眺めながら、ぼーっとするのが個人的に贅沢な楽しみです。

 久しぶりの鎌倉でしたが、一度行くと連続で同じ地に行くケースが多い自分ですので、今年中か年末年始にでも再訪するんじゃないかと予想しておりますw。鎌倉に住みたいという思いは以前から強く持っておりますが、実現するかどうかはともかく、思いを持ち続けることに意義がありますからねw。今後の鎌倉探訪としては「海街diary」を中心になると思いますが、今後新規作品が登場すれば、挑戦してみたいですね。
[PR]
2013年 10月 21日 |
今回は鎌倉が舞台の一部として使われている「あいうら」の記事を載せます。少ない放送時間の中ではOPとEDをガッツリと加えてくる素晴らしい作品で、謎のカニ推しがまた釘付けにされました。そんな中、見覚えのある風景が出た瞬間に探訪に行かねばという思いに駆られて、時を待ち、探訪して参りました。
d0217090_23505212.jpg
こちらは江ノ電・由比ヶ浜駅近く、鎌倉文学館入口交差点です。青い花のついでに撮ったというわけでは....
d0217090_23505278.jpg
こちらは鎌倉文学館受付手前にある裏門です。
鎌倉文学館は最近だとTARI TARIの舞台に使われるなど、アニメ作品でも度々登場する施設です。

作中では他にも四万温泉でのバス停カットなど一つに留まっていない作品です。個人的には、鎌倉で一つにまとめてあるのならば、しっかりと探訪したかった作品かと思っております。
[PR]
2012年 08月 14日 |
 今回は、TARI TARI第2話に登場した「浄智寺」「神奈川県立音楽堂」でのシーンを載せていきます。音楽堂へは、桜木町から歩いて20分圏内でしたが、坂の上にあるので、予想外に体力が奪われました。また、浄智寺は過去に何度か訪れた事のある寺で、北鎌倉駅から10分ぐらい歩いたところにあります。近くには、東慶寺などもあります。

d0217090_1983171.jpg
d0217090_20204024.jpg

神奈川県立音楽堂

d0217090_1983152.jpg
d0217090_20204128.jpg

撮影当日は、何かしらのイベントが行われていたらしく、車が多く停まっておりました。

神奈川県立音楽堂
http://www.kanagawa-ongakudo.com/index.html


d0217090_1983011.jpg
d0217090_20203925.jpg

浄智寺。

d0217090_1983020.jpg
d0217090_20203934.jpg

紫陽花はもちろん、その他の花が咲いている形跡はないような。

d0217090_1983111.jpg
d0217090_20204057.jpg

明月院もそうですが、鎌倉の寺はこのような風景が多い?

浄智寺は、鎌倉五山4位の臨済宗円覚寺派のお寺です。

北条氏ゆかりの寺ということで、北鎌倉観光の定番の一つですね。参考資料として↓。

http://www.kamakura-burabura.com/meisyokitakamakurajyoutiji.htm

北鎌倉周辺は、個人的に好きなエリアで、夜遅くまでやってるカフェバーなどもあったり。

また、青い花の舞台としても多数のカットで使われる場所で、あーちゃんの最寄り駅。

鎌倉観光の最初は、北鎌倉。というのが私の定番です。

[PR]
2012年 08月 11日 |
 今回は、第1話後半に登場した鎌倉駅西口を取り上げてみます。西口は、個人的にもよく利用する降り口で、徒歩2、3分で定宿のホテルニューカマクラがあります。また、西口から真っ直ぐに西に歩いていくと、雑誌で色々と紹介されているプールサイドがあるスターバックス御成店があります。さらに、トンネルを越えて行くと、佐助稲荷神社や銭洗弁財天など観光名所もあり、個人的にオススメのエリアの一つです。

 今回撮影時間が夕方5時という非常にハードな時間帯を選択してしまい、かなり厳しいカット撮影になりました。この時計台は喫煙所として使われたり、待ち合わせ場所、人力車待機場所などにも活用される人通りの激しい場所です。撮影する際は、やはり早朝にするべきでした。

d0217090_1721030.jpg
d0217090_1720407.jpg

江ノ電鎌倉駅構内にある鎌倉コロッケ。

d0217090_17205936.jpg
d0217090_17204140.jpg

鎌倉駅西口。このカットは、「青い花」のあーちゃんとふみが待ち合わせたカットとよく似てます。

d0217090_172107.jpg
d0217090_17204179.jpg

時計台にて。人がいる中で、時計台の壁を撮影しました。

d0217090_17211144.jpg
d0217090_17204249.jpg

こちらのポストも目立つ位置にあります。

d0217090_17213343.jpg
d0217090_17204478.jpg


d0217090_1721423.jpg
d0217090_17204375.jpg


d0217090_17214939.jpg
d0217090_17204422.jpg

合わせがまずかったです。でも、カットが一致できるかは、次回訪問時に確認したい。

d0217090_1722039.jpg
d0217090_17204320.jpg


d0217090_1722843.jpg
d0217090_17204567.jpg


d0217090_17221734.jpg
d0217090_17204548.jpg

この道を進んで左折するとホテルニューカマクラが直ぐに見えてきます。

d0217090_17222690.jpg
d0217090_17204625.jpg


d0217090_17223457.jpg
d0217090_1720454.jpg


次回へ続く

[PR]
2012年 08月 11日 |
 今回からTARI TARIを載せていきます。一応、1話から順を追って載せていきますが、かなり撮影できていないカットが存在しTARI。特に浄智寺内での撮影はお粗末でした。後は、個人的に撮影するべきかどうか、それほど細かくしなくてもいいかなと思ったシーンは省いております。

d0217090_01494.jpg
d0217090_012756.jpg

早朝江ノ島探訪で、逆光でしたw

d0217090_01445.jpg
d0217090_01114.jpg

このシーンは、正直偶然見つけた感じでした。下手したら、見つからずしまいで終わってた。

d0217090_01516.jpg
d0217090_0114.jpg

早朝なので、ランニングやウォーキングをする地元の方が多かったです。

d0217090_01659.jpg
d0217090_01222.jpg

正直、あまり探す気にすらならなかったですw。

この寺は過去に何度も訪れた事がありまして、何だか少し目的が違って申し訳なさがありました。

d0217090_01321.jpg
d0217090_01256.jpg

鎌倉高校前駅近くにあります。こちらは豪邸が並ぶエリアで、あまり撮影スポットとしては適してません。

d0217090_01779.jpg
d0217090_01387.jpg

坂道なので、汗だく。

d0217090_013315.jpg
d0217090_01391.jpg

何も調べずに向かい、何処だろうと暑い中、悩みましたが、2丁目の海沿い行けばありました。

次回は、鎌倉駅周辺を。

[PR]
2012年 07月 31日 |
 先週末、鎌倉江ノ島を訪れておりました。主に江ノ島・江ノ電とコラボする「青い花」フェアが28日から開催され、それが一番の目的ではありますがTARITARI探訪も合間に挟んでみました。OPシーンから載せていきたいところですが、探訪力の無さを露呈する結果というか、何というか。浄智寺内でのシーンを撮影し忘れたりと、色々とやらかしてますが、ご了承ください。やっぱモチベというのは大切だと思った瞬間でもあります。

d0217090_23535540.jpg
d0217090_23535229.jpg

鎌倉高校前駅から側にある踏み切りを渡ったところから撮影。

ここは、寵愛なる「海街diary」の記念すべき第1巻の表紙にも使われており、私の思い入れのある場所。

d0217090_23535584.jpg
d0217090_23535345.jpg

若宮大路にある段葛。桜シーズン、鎌倉まつり、ぼんぼり、初詣等では物凄い人混みになります。

d0217090_23535659.jpg
d0217090_23535424.jpg

こちらは、坂ノ下。長谷駅から由比ヶ浜方面へ歩き、最寄のローソン付近から撮影しました。

このエリアは、2年前に初日の出で撮影に来た場所で、「青い花」で登場した「Cafe坂ノ下」にも近いです。

d0217090_23535761.jpg
d0217090_23535445.jpg

この時期は、平日でも車の交通量が多く撮影に少々時間がかかります。

d0217090_23535650.jpg
d0217090_025741.jpg

ゴミが落ちているのは残念ですが、タイルの模様などもよく似ています。

次回は、第1話を順次載せていく予定です。

[PR]
2012年 04月 15日 |
 祇園山ハイキングコース、朝比奈切通しに続く鎌倉のハイキングに挑戦してみました。今回は、「天園ハイキング」。おそらく、鎌倉のハイキングコースの中では一番時間を要するコースだと思います。よく目にする本来のスタートは建長寺の半僧坊からですが、今回は明月院裏からスタートしました。



d0217090_22572283.jpg

d0217090_22572221.jpg

途中、半僧坊からの道との合流地点にある展望台。

d0217090_22572245.jpg

d0217090_22572358.jpg

d0217090_22572346.jpg

難易度的には小学生でもいけるレベルだと思います。

d0217090_22572425.jpg

d0217090_22572428.jpg

開けた場所で、休憩&昼食。

d0217090_22572572.jpg

峰の茶屋。無料で休憩できないので、何かを購入しないといけません。

d0217090_22572547.jpg

ルートを獅子舞へ。今回の目的の一つ。

d0217090_22572660.jpg

d0217090_22572720.jpg

d0217090_22572714.jpg

秋に再度訪れてみたい。紅葉ヶ谷と言われるほど、鎌倉を代表する名所。

費やした時間は大体2時間ぐらいです。地図上では1時間足らずで行けると思いましたが、中々。

最後の獅子舞に関しては、足元の状態が悪いので、汚れ覚悟です。

d0217090_22572717.jpg

最後は、稲村ヶ崎からの夕日。既に富士山は見えず。

[PR]