acqua alta

京都発の「旅」「舞台探訪」「写真」を主したブログ
Top
タグ:舞台探訪 ( 160 ) タグの人気記事
|
|
2014年 01月 03日 |
久しぶりの更新になります。今年もよろしくお願いします。年初め最初の記事は、お気に入りである「のんのんびより」です。10話で登場した展望台を求めて松代まで行って参りました。一致度は、思った以上に合わない点が多く、中々苦しいものがあります。

d0217090_7464094.jpg
今回私は、しなの鉄道屋代駅でレンタサイクルを貸りて、片道約30分かけて妻女山に向かいました。
2時間未満だと500円で荷物も預かっていただけるのでお得だと思います。
d0217090_7464127.jpg
妻女山展望台
d0217090_7464252.jpg

d0217090_7464454.jpg

d0217090_7464567.jpg
展望台の構造的に厳しいものがあります。
d0217090_74646100.jpg
撮影位置の真後ろには墓のような石碑のようなものが設置されており、下がるのは難しいです。
d0217090_7464725.jpg
休憩するベンチはありません。展望台の真横は道路になっております。
d0217090_7465030.jpg
ここからは余談。登山口の手前にある看板。真上には上信越自動車道。
d0217090_7465220.jpg
アニメ関係なく、歴史ファンよく訪れたりもしているようです。
d0217090_7465388.jpg
d0217090_7465592.jpg
展望台へ向かう道中は、それほど急な坂ではないのですが、要所で道が凍結していました。
d0217090_746577.jpg
d0217090_7465886.jpg
d0217090_747073.jpg
作中再現のように初日の出をここで観れれば最高ですが、残念なことに方向が北側を向いております。

[PR]
2013年 10月 23日 |
 今回は久しぶりの「青い花」探訪記事と、10月20日に鎌倉文学館で行われた空気公団のLIVEへの道のりを載せていきます。鎌倉に行くのも久しぶりで、昨年9月30日の台風上陸時に半日だけ観光できたぐらいで、個人的には物凄く久しぶり感ある鎌倉上陸でした。また、鎌倉文学館入館に関しては、昨年9月30日は展示替えで拝観することすらできず、本当に久しぶりの鎌倉文学館でした。

d0217090_16453910.jpg
こちらは、未だに未回収だった北鎌倉でのカットです。
所在は、住宅地につき地図は載せませんが、落ち着いた雰囲気で北鎌倉を一望できます。
d0217090_1645434.jpg
こちらも上記とほぼ同じ場所での撮影。
最終話のカットで、印象的なシーンの一つです。

 TVアニメでのカットはこれである程度カバーできたかと思います。「青い花」は鎌倉を知るキッカケになった作品で、色々と鎌倉の街を歩き回ることで魅力に引き込まれ、「青い花」だけはなく鎌倉に纏わる作品にも興味を抱きました。それが「ラヴァーズ・キス」や「海街diary」でした。今は作品に留まらず、鎌倉で行われる祭事や行事、イベントにもちょくちょく顔を出しては一人で満喫しております。今後もそれは変わらないでしょうし、「青い花」が全てのキッカケであることも変わらないと思います。先月、「青い花」の原作が完結してしまい、寂しい思いがありますが、これから何度でもあきらとふみが息づく街に訪れたいと思っております。


d0217090_171510.jpg
ここからは、10月20日、21日に撮影した鎌倉写真を載せていきます。あいにくの天気でしたが、地元に帰ってきた感が味わえてよかったです。
d0217090_1704825.jpg
鎌倉駅西口時計台前に朝8時集合でしたが、早めに到着したので鶴岡八幡宮にご挨拶してきました。
d0217090_171698.jpg
今回はBTCメンバーである夷さん、ゴン太さん、MatsuYanさん、athnoさんとご一緒させていただきました。
d0217090_1703079.jpg
朝8時にスタバ御成店でご挨拶をしてから、10時開店と同時に和田塚にある無心庵に寄りました。
d0217090_171762.jpg
いつもは一人で来店していたので、また新鮮な感覚でした。私は豆かんが苦手なので、きな粉餅を。
d0217090_170491.jpg
開店同時に入りましたが、すぐに他のお客さんも来店しており、ガイドブックにも定番記載されているだけのことはあります。
d0217090_170315.jpg
食後、13時開演のLIVEに備えて早めの鎌倉文学館入館。
d0217090_171878.jpg
藤ヶ谷女学院通学路。ここに入るだけで、一気に雰囲気が「青い花」に。そして、響き渡る空気公団のリハーサル。
d0217090_1703327.jpg
何時以来だろうか?と遡るほど久しぶりの鎌倉文学館。空気公団LIVEは入館料400円で入場できます。
d0217090_1711094.jpg
こういう通学路を通って、トンネルを抜けて学校に行ける幸せを踏みしめながら・・・。
d0217090_1705287.jpg
庭では軽食を取ることができます。ベンチに座りながら、近所のコンビニで買った食料をmgmg。そして美味しい、文学館ブレンド。
d0217090_1703497.jpg
Twitterアイコンにしていますが、文学館のバラ園が見頃を迎えています。
d0217090_1711428.jpg
バラが見頃の文学館に来たのは初めてで、静寂な雰囲気に咲くバラが心地よかったです。
d0217090_172497.jpg
LIVE準備が着々と遂行中。
d0217090_1721844.jpg
LIVE終了後。鎌倉文学館を背景に聞ける「青い花」。何とも素晴らしく心地よく、いろんな思い出が蘇ってきて感動しました。
「青い花」を演奏されている最中、何度も鎌倉文学館の建物を見てしまいました。風景と音楽がマッチした時の感覚は凄いものです。
d0217090_1722267.jpg
時間が飛んで21日午前の海蔵寺。ゴン太さんに無理を承知で一緒に回らせていただきました。
d0217090_1723321.jpg
私自身は、北鎌倉から亀ヶ谷切通しを経由し鎌倉へ向かうルートが鉄板で、道中にある海蔵寺は花豊かな寺でオススメです。
d0217090_1723896.jpg
こちらは、「海街diary」3巻表紙となっている極楽寺駅前。あいにく土砂降りでしたが、何とか収めました。私が最も好きな地域です。
d0217090_1725186.jpg
御存知、鎌倉高校前駅。雨模様ですので、人も少なくゆっくりとホームで寛げました(笑。
パンを購入して、ここのベンチで江ノ島と海を眺めながら、ぼーっとするのが個人的に贅沢な楽しみです。

 久しぶりの鎌倉でしたが、一度行くと連続で同じ地に行くケースが多い自分ですので、今年中か年末年始にでも再訪するんじゃないかと予想しておりますw。鎌倉に住みたいという思いは以前から強く持っておりますが、実現するかどうかはともかく、思いを持ち続けることに意義がありますからねw。今後の鎌倉探訪としては「海街diary」を中心になると思いますが、今後新規作品が登場すれば、挑戦してみたいですね。
[PR]
2013年 10月 21日 |
今回は鎌倉が舞台の一部として使われている「あいうら」の記事を載せます。少ない放送時間の中ではOPとEDをガッツリと加えてくる素晴らしい作品で、謎のカニ推しがまた釘付けにされました。そんな中、見覚えのある風景が出た瞬間に探訪に行かねばという思いに駆られて、時を待ち、探訪して参りました。
d0217090_23505212.jpg
こちらは江ノ電・由比ヶ浜駅近く、鎌倉文学館入口交差点です。青い花のついでに撮ったというわけでは....
d0217090_23505278.jpg
こちらは鎌倉文学館受付手前にある裏門です。
鎌倉文学館は最近だとTARI TARIの舞台に使われるなど、アニメ作品でも度々登場する施設です。

作中では他にも四万温泉でのバス停カットなど一つに留まっていない作品です。個人的には、鎌倉で一つにまとめてあるのならば、しっかりと探訪したかった作品かと思っております。
[PR]
2013年 10月 14日 |
夏以来、久しぶりの投稿になります。今回は来年冬アニメ「いなり、こんこん、恋いろは。」の舞台として使われている伏見稲荷大社へ行って参りました。自転車ですぐのところにありますw。近いから中々行かない場所であり、たまこま藤森よりも家から近いです。

d0217090_2344367.jpg
「奥の院」にある鳥居になります。千本鳥居を通りますので、そちらも是非。
d0217090_2344417.jpg
こちらは、原作2巻裏表紙。こちらも奥の院になります。

今回は2枚だけですが、地元が舞台ですので少しは精を出すかもしれません。ただ、もしかしたら仙台or五島列島が優先されるかも?ですがw
[PR]
2013年 08月 20日 |
 今回は「恋愛ラボ」の第1話、第6話のカットを載せていきます。第1話に登場するカットは、学校の校門です。こちらは、岐阜県にある明治村の入口をモデルにされております。今回、明治村へはアルさん(@al_1994)に車で同乗させていただきました。明治村HPに記載されている限りでは、犬山駅or名古屋からのバスで行けるようです。岐阜駅から行けるのかは不明。自転車で行く案もありますが、中々苦労しそうです。

d0217090_22564329.jpg
第1話・明治村
d0217090_22564245.jpg
第6話・岐阜駅前歩道橋
d0217090_225647100.jpg
第6話・岐阜駅前歩道橋
d0217090_22564184.jpg
第6話・岐阜駅前歩道橋下
d0217090_22564759.jpg
第6話・岐阜駅前歩道橋下
d0217090_22564888.jpg
第6話・岐阜駅前歩道橋下
d0217090_22564911.jpg
第6話・岐阜駅前歩道橋
d0217090_22564536.jpg
第6話・岐阜駅前歩道橋下

次回はたまゆら?それとも、秋アニメ・・・?

 
[PR]
2013年 08月 18日 |
 8月7日に「Free!」の舞台である鳥取県岩美町へ行ってきました。18切符と智頭急行を利用し、鳥取駅でノビさん(@Hard_X_Doujou)に車で案内していただきました。作中で登場したスポーツ用品施設やEDで使われたであろう鳥取砂丘などを訪れ、田後や浦富なども回ってきました。

d0217090_2381253.jpg
OP・浦富海岸
d0217090_2381234.jpg
第1話・田後港
2枚の写真を貼り付けています。
d0217090_2381319.jpg
第1話・田後港
d0217090_2381347.jpg
第1話・田後港
d0217090_2381429.jpg
第1話・田後港
d0217090_2381514.jpg
第1話・田後港
d0217090_238155.jpg
第1話・田後港
こちらも、2枚の写真を貼り付けております。
d0217090_2381624.jpg
第1話・田後港
d0217090_2382517.jpg
第1話・田後港
d0217090_2382655.jpg
第1話・田後港
d0217090_2382735.jpg
第2話・城原海岸
おそらく、撮影場所は違うと思います。
d0217090_2382710.jpg
第2話・城原海岸
こちらも、正確な撮影位置ではありません。

 京都からだと片道6時間近くかかりました。京都ー竹原間とそんなに時間はかかりません。ただ、距離にすると鳥取方面行きのアクセスの悪さを感じてしまいます。今回は反省点ばかりのカット回収でしたが、Freeの舞台である岩美の雰囲気は味わうことができました。海にあまり慣れていない京都市民の自分にとっては、日本海の絶景は染みましたねw。途中からはカット回収より海の景色を撮影して、PCの壁紙にしようとばかり意気込んでおりましたw。晩夏以降、中々行く機会を見つけられない状況になりますが、涼しくなれば再訪してみたいですね。
[PR]
2013年 08月 12日 |
 今回は、「たまゆら~もあぐれっしぶ~」第4話に登場したバンブジョイハイランドを載せていきます。バンブージョイハイランドへ向かうには、本来ならば車及びバイクが理想です。今回、私は竹原駅から路線バス「竹原・三原線」に乗車し、バンブージョイハイランド最寄りバス停「今井政之展示館前」で下車し、約30分近く登り下りのある歩道を歩いて向かいました。交通機関で行かれる際は、バンブージョイハイランドへ到着するまでにバテないようにお気を付け下さい。

d0217090_9314039.jpg
駐車場付近
d0217090_9314051.jpg
駐車場付近
d0217090_9314184.jpg
d0217090_9314127.jpg
d0217090_9314279.jpg
d0217090_9314236.jpg
d0217090_9314375.jpg
d0217090_9314343.jpg
d0217090_9314362.jpg
本来のカットは、もう少し丘の上からの撮影です。
d0217090_9314596.jpg
d0217090_9314361.jpg
小さな看板ですが、御座います。
d0217090_9314558.jpg
d0217090_9314478.jpg
d0217090_9314697.jpg
d0217090_9314572.jpg
d0217090_932029.jpg


回収していないカットもありますが、暑さには適わなかったということでw

[PR]
2013年 07月 31日 |
 久方ぶりの「たまゆら」探訪記事です。18切符解禁に合わせて、二週連続で竹原に訪れておりました。OPカット及び第1話~第3話までのカットを全てではないですが、載せていきます。新しい、ほり川さんのほぼろ焼きを食べ損なっているので、次回こそは食べたい・・・。

―オープニング・シーンカット―
d0217090_18145212.jpg
照蓮寺
d0217090_18143114.jpg
照蓮寺
d0217090_18145484.jpg
町並み保存地区
d0217090_18143293.jpg
普明閣

―第1話―
d0217090_18234334.jpg
高架下
d0217090_18234429.jpg
普明閣
d0217090_18234460.jpg
町並み保存地区
d0217090_18234595.jpg
竹原駅前
d0217090_1824399.jpg
竹原駅前
d0217090_18234652.jpg
竹原駅前
d0217090_182346100.jpg
竹原駅前
d0217090_18234751.jpg
竹原駅前
d0217090_18234716.jpg
あいふる316
d0217090_18245100.jpg
日の丸写真館
d0217090_18234845.jpg
竹原駅前
d0217090_1824659.jpg
竹原駅前
d0217090_18244865.jpg
普明閣
d0217090_18245688.jpg
普明閣
d0217090_182548.jpg
町並み保存地区
d0217090_18251265.jpg
町並み保存地区
d0217090_18251950.jpg
町並み保存地区
d0217090_18252899.jpg
町並み保存地区
d0217090_1825368.jpg
町並み保存地区
d0217090_18254451.jpg
町並み保存地区
d0217090_18255074.jpg
町並み保存地区

―第2話―
d0217090_18505781.jpg
ホテル大広苑付近

―第3話―
d0217090_18515752.jpg
普明閣
d0217090_1852323.jpg
塩町付近

次回は、第4話バンブージョイハイランドを。

[PR]
2013年 07月 30日 |
 久方ぶりの記事ですが、26日~28日にかけて中国地方へ行ってまいりました。主な目的は、「ももねこ様祭り」ですが、途中寄り道をして津山市の因美線知和駅に訪れてみました。情報や写真は既にネット上に既出されておりますが、秋アニメ「のんのんびより」の原作コミックス2巻帯の背景が和知駅なのです。あくまで、帯の背景ですので作品が津山市を舞台に繰り広げられるのかはわかりません。

d0217090_8551423.jpg
秘境駅として認知されている知和駅
d0217090_8551626.jpg
知和駅及び周辺の写真を以降載せていきます。
d0217090_8551796.jpg

d0217090_8551872.jpg
記帳ノートが設置されておりました。もちろん、記帳させていただきました。
d0217090_8551937.jpg
自分のイメージする秘境駅ではなく民家や郵便局もあります。
d0217090_854572.jpg

d0217090_8552013.jpg
近くに神社があるようです。
d0217090_855312.jpg

d0217090_8552039.jpg

作品の舞台が津山市周辺だといいですね。

[PR]
2013年 03月 07日 |
 今回は前回に引き続き波浮港でのカット数&アローンに攻撃された三原山の写真を載せていきます。波浮港は小さな路地が岬の中に点在する港で迷路のようになっております。グーグルマップなどには表示されていないので、あえて迷ってみるのもどうでしょう。地図がないので、結構ぐるぐる歩き回ることになります。

―第2話―
d0217090_2156513.jpg
下地(クダッチ)付近
d0217090_21565131.jpg
島京梵天さん付近
d0217090_2156523.jpg
島京梵天さん付近
d0217090_21565234.jpg
島京梵天さん付近
d0217090_21565322.jpg
島京梵天さん付近
d0217090_21565388.jpg
島京梵天さん付近
d0217090_21565429.jpg
文学の散歩道付近



―第3話―
d0217090_2202463.jpg
波浮港周辺



―第4話―
d0217090_2221166.jpg
島京梵天さん付近の鈴木のおばあちゃん
d0217090_2221236.jpg
波浮港付近
d0217090_2221298.jpg
波布比咩命神社
d0217090_2221374.jpg
波布比咩命神社
d0217090_2221399.jpg
波布比咩命神社



―第7話―
d0217090_224388.jpg
波浮港付近



おまけ

d0217090_225121.jpg
裏砂漠へ向かう「月と砂漠ライン」
d0217090_2251758.jpg
途中に駐車場があり、そこからは徒歩。
d0217090_2264418.jpg
裏砂漠。ちなみにずっと先まで歩けるようです。
d0217090_2272724.jpg
物凄く広大で圧巻。先まで行けると言われても何だか怖い。
d0217090_228826.jpg
迷わないように杭が埋め込まれています。
d0217090_2284560.jpg
地元の人いわく、大型車や4輪バイクで走ることもあるらしい。
d0217090_2293278.jpg
先に行くと帰ってこれなさそう感を感じました。
d0217090_22101258.jpg
時間の都合上、第2展望台には行けず。
d0217090_22105243.jpg
竜王岬
d0217090_22121520.jpg
奥には式根島?ですかね。
d0217090_22132769.jpg
灯台の近くに人の作ったような雑草とした道があったので入ってみました。
d0217090_22145828.jpg
いつ崖に突き当たるのか恐怖に駆られながら坂を下る。
d0217090_22154645.jpg
竜音様。
d0217090_22171992.jpg
最後に波浮港の路地。

 今回はレンタルバイクでできる限り探訪するという名目で向かいましたが、現地に降り立つと自然が凄い。宿のご主人や島京梵天さんのご主人と話してもやはり、大島の自然の魅力を教えていただきました。島ならではの良さに自然の素晴らしさが点在する大島。東京都でありながら、島時間が流れ、人が優しい。また、近いうちに大島に再訪したいと思います。なんせ、島京梵天さんのご主人と波浮の近いの握手を交わしましたから、必ず。
[PR]