acqua alta

京都発の「旅」「舞台探訪」「写真」を主したブログ
Top
|
|
2014年 08月 30日 |
 先日のPVカットに続き8月29日発売のBlu-ray Boxに付いてくるOVA「あの夏で待ってる 特別編」の新規カットを回収してきました。舞台はもちろん「信州小諸」です。今回は最速カット回収を目指して、フラゲ日に小諸入りです。小諸への道中は岐阜のアルさんに同乗させていただき、木崎湖経由で向かいました。フラゲ日に行ったものの、カットの情報が全くない中、小諸勢の方々に色々と情報を提供していただき回収できたことを、こんな偏狭の地ですがお礼申し上げます。


当ページの画像は比較研究で引用しております。作品の著作権は© I*Chi*Ka/なつまち製作委員会様に帰属します。

d0217090_22095689.jpg
小諸市街地
d0217090_22100044.jpg
安藤百福記念 自然体験活動指導者養成センター

d0217090_22124290.jpg
OP:しなの鉄道高架下
d0217090_22124217.jpg
OP:しなの鉄道高架下
d0217090_22124215.jpg
OP:学校前交差点
d0217090_22124283.jpg
OP:相生町交差点
d0217090_22140307.jpg
OP:自家焙煎珈琲こもろさん
d0217090_22140314.jpg
OP:自家焙煎珈琲こもろさん
d0217090_22140378.jpg
OP:自家焙煎珈琲こもろさん
d0217090_22140321.jpg
OP:懐古園
d0217090_22145613.jpg
OP:懐古園
d0217090_22145657.jpg
OP:懐古園
d0217090_22145663.jpg
OP:懐古園
d0217090_22145693.jpg
小諸駅
d0217090_22181494.jpg
小諸駅
d0217090_22181485.jpg
小諸駅
d0217090_22181491.jpg
北国街道沿い
d0217090_22181480.jpg
北国街道沿い
d0217090_22184475.jpg
安藤百福記念 自然体験活動指導者養成センター
小諸ツリーハウスプロジェクト
受付時間 9:00~17:00
※ツリーハウスを見学の際は受付にて登録が必要です。
d0217090_22184441.jpg
ED:小諸ツリーハウス
d0217090_22184451.jpg
ED:小諸ツリーハウス
d0217090_22184415.jpg
ED:小諸ツリーハウス


まだ見たことのない小諸を見ることができて素晴らしく新鮮で何処か懐かしい。
小諸でまた、探訪に夢中になれたことに幸せを感じます!
また、あの夏で待ってる!

[PR]
2014年 07月 13日 |
 今週末、蒸し照らす暑い苦しい京都を脱出し、市民祭りが行われる信州小諸へ足を運んできました。昨年から始まった小諸市民祭り「なつまち神輿」ですが、残念ながら今回が見納めということで、何とか見たい!と思い立った次第です。先日に起きたJR中央西線での災害で不通になったこともあり、高速バスの需要が高まったせいか、バスの確保にかなり苦労しました。早々の復興と共に、従来通りの素晴らしい車窓の見える路線が戻ってくることを祈っております。
 
 今回は祭りを見に行くだけが目的ではなく、先日公開された「OVAあの夏で待ってる 特別編」のPVに登場したカット回収も行ってきました。8月29日に発売されるBlu-ray BoxにOVAが収録されており、新しく登場するシーンに期待が高まります。今回のPVでは新規カットは少なかったのですが、発売当日は小諸で撮影を行いと考えております。



※当ブログに載せている映像画像の著作権は全て、「© I*Chi*Ka/なつまち製作委員会」様に帰属します。
d0217090_17183519.png
国道139号線にある海人の通学路。
139号線では完全一致はできません。
d0217090_17184997.png
国道139号線から農道を西に入ったところにあります。
d0217090_17183649.png
なつまち新規カット。芦原中の交差点で撮影できます。
よく観ると、看板に「Komoro city,,,」と記入されており、感動しました。

8月29日に発売されるOVAにはおそらく新規シーンが幾多に登場すると思います。
その際に、またお邪魔して撮影して回りたいと思います。
d0217090_17295234.jpg
国道139号線
d0217090_17295668.jpg
JR小海線乙女駅前
d0217090_17300348.jpg
JR小海線乙女駅ホーム
d0217090_17312308.jpg
しなの鉄道小諸駅
d0217090_17312393.jpg
小諸主屋本陣なつまちサロン前
d0217090_17312342.jpg
なつまち神輿
d0217090_17312302.jpg
なつまち神輿・練習風景
d0217090_17312341.jpg
一般の方々、他の神輿の方々から拍手を受ける、なつまち連。
d0217090_17312316.jpg
気温高まる小諸。アトゥイ!
d0217090_17312314.jpg
祭りは夕方から夜になるほど盛り上がる!
が、私は珈琲こもろさんでアイス珈琲を満喫し、そば7さんでビールの肴で大満喫。
夜の神輿の写真は撮影できませんでしたw

次回の小諸ドカンショは参加します!

小諸市民まつり「なつまち連」http://www.komoronop.org/#!festival/c9s7
小諸市観光協会・市民まつりhttp://www.kanko.komoro.org/event/07-00mikoshi/

[PR]
2012年 10月 29日 |
 22日は宿から乙女へ向かい、139号線を南下して佐久平のイオンモールへ。イオンモールのスタバで一服し、タイヤの空気を携帯ポンプで補充して44号線から千曲ビューラインを走り、みまき大池に向かいました。池からは、あぐりの湯でお風呂に入って、自家焙煎こもろさんへゴール。

d0217090_2302644.jpg

44号線のセブイレから撮影。

d0217090_2311065.jpg

みまき大池。ついに自転車で到着。

d0217090_2302723.jpg

周辺の景色は素晴らしい。

d0217090_231118.jpg

池を半周し、途中の階段でイオンモールで購入したマックを食べる。

d0217090_2302729.jpg

軽井沢の離山も見えます。

d0217090_2302867.jpg

景色が爽快。

[PR]
2012年 10月 29日 |
 なつまちファンで作る自転車部の部員がついに!出揃った10月21日の「こもがく文化祭」。小諸と軽井沢で走るために急遽購入した自転車ですが、今では探訪御用達にしようかと思っております。自転車部を一同に揃え、139号線で記念写真なども撮影しました。今回きりではなく、冬が来ても、小諸へ自転車を持っていきたいところです。

d0217090_2291477.jpg

139号線を様々な角度から撮影。

d0217090_2283658.jpg


d0217090_2291498.jpg


d0217090_2283721.jpg

自転車部の集合写真。

d0217090_2291524.jpg


d0217090_228383.jpg


d0217090_2291697.jpg


d0217090_2283931.jpg


d0217090_2291783.jpg

こちらは、夜の相生町。

d0217090_2284051.jpg

自家焙煎こもろさん。いつもお世話になっている喫茶です。

[PR]
2012年 10月 24日 |
 10月21日に開催された「こもがく文化祭」に参加し、探訪写真を展示してきました。本来ならば、痛チャリを展示する予定でありましたが、何しろ時間が・・・と言い訳しTARI。21日は、8月のイベント以来にお会いする方々や初めてお会いする方など、交流させていただきました。

d0217090_204402.jpg

21日早朝は、乙女へ。

d0217090_2044480.jpg

このシーンも登場しましたね。

d0217090_2044171.jpg

今までは、作中のシーンに夢中でしたが、改めて周辺を見ると素晴らしい景色です。

d0217090_2044571.jpg

小諸大橋にて。

d0217090_2044219.jpg

自転車との記念写真は欠かせません。

d0217090_2044789.jpg

小諸駅に戻り、東西自由通路で開催されている文化祭に参加。

d0217090_2044451.jpg

なつまちヘッドマーク。8月のラッピング列車以来の拝見です。

d0217090_2044885.jpg

車内に展示されていたタペストリー。不燃素材使用だとか。このアングルがいいんです。

[PR]
2012年 10月 23日 |
 今回の遠征の目玉の一つ「1000m林道」に挑戦してまいりました。軽井沢と小諸間を結ぶ林道で、基本は平坦な道でしっかりと舗装されております。また、1000m付近を走るだけあって、景色も抜群です。ただ、季節によっては熊の出没に注意とのこと。私も、熊ベルを準備しての挑戦です。

d0217090_22562627.jpg

1000m林道の入口までは国道18号線を走ります。交通量が多いので注意が必要です。

d0217090_22562614.jpg

絶景を見ると、疲れなんてものは微塵も消えてしまいますね(後でその分の疲れが襲ってきますがw

d0217090_22562715.jpg

新鮮な景色を眺めながらポタリング。

d0217090_2256279.jpg

山も素晴らしく、大地を感じます。

d0217090_22562822.jpg


d0217090_22562856.jpg

ここだけ見ると、北海道の美瑛ではないかと。

d0217090_22562969.jpg

トンボがたくさん飛んでおりました。そして、頭に何度もぶつかったり。

d0217090_22562951.jpg

1000m林道最高の絶景スポット。ほかにも車で来られた方などおられました。

d0217090_22563036.jpg

こういう風景があるなら、もっと走りたくなります。

[PR]
2012年 08月 21日 |

d0217090_2142528.jpg

信州・小諸「観光フォト・コンテスト2012」作品募集

●作品応募しめきり平成24年8月31日
【応募作品テーマ】
話題のアニメ「あの夏で待ってる」の舞台となった小諸で撮影した写真◎募集は応募要項による
【発表】
9月上旬
【作品展示】
小諸宿本陣主屋「おもてなしサロン」はじめ市内観光施設などで展示します。
【賞・表彰】
なつまち賞・2点[賞5千円(クーポン5千円分)]+サイン入りポスター+オリジナルグッズセット[なつまち製作委員会提供・内容は・・サプライズ!]【発表】9月上旬。


 現在信州小諸で開催されている「観光フォト・コンテスト2012」。その部門の一つである「なつまち賞」の募集締め切りが近づいております。私も本日、富士フィルムネットプリントにて四つ切りサイズにて注文いたしました。入賞作品及び入選作品や応募作品などを、小諸市内で展示会として飾られるのか、気になりますね。
[PR]
2012年 08月 10日 |
 またまた前回から時間が空きましたが、夏の小諸探訪シリーズを載せていきます。ちなみに写真は、7月初めに訪れた際の写真です(当日は雨模様)。懐古神社にある山城館。ここにあるベンチは、今冬には設置されておらず、大変歯がゆい思いをしましたw。今はしっかりと設置されており、「そば処 やましろ」ではカードラリーの対象店にもなっております。最近は、冬の小諸をまた体験したいなと思っていたりしますw。

d0217090_21143331.jpg
d0217090_21132115.jpg

そば処 やましろ

カードラリー対象店です。美味しい蕎麦ですよ。

http://www.kanko.komoro.org/kaiin/yamashiro/index.html

d0217090_21142542.jpg
d0217090_21132213.jpg

冬に通っていた時は、冬季休業されていたと記憶してます。

d0217090_21141767.jpg
d0217090_21132365.jpg

このベンチが置かれる日を待ちに待っておりました。

d0217090_2114972.jpg
d0217090_21132065.jpg

懐古神社。正面右側に痛絵馬が飾られております。

d0217090_2114265.jpg
d0217090_21132338.jpg

なつまちを代表するカットの一つですね。

d0217090_21132689.jpg
d0217090_21132326.jpg

実際にここに座っている人を見たこと無いんですけど、どうなんでしょうw。

d0217090_21132661.jpg
d0217090_21131920.jpg

このシーンは、水の手展望台です。周辺の木々が合っていないので、当初は戸惑っておりました。

d0217090_21132513.jpg
d0217090_21132046.jpg

なつまちポスターにも起用された、水の手展望台からの風景。

真冬の夜に、この展望台に行ったときの凍える寒さは尋常じゃなかった・・・。

d0217090_21132519.jpg
d0217090_21132497.jpg

あずまや。ここは、着替えの場となった更衣室でもあるんですね。

d0217090_21132557.jpg
d0217090_21131998.jpg

早朝の懐古園で、水の手展望台から景色を見ると、心が洗われます。

これにて、終了~。

[PR]
2012年 08月 08日 |
 「あの夏で待ってる 感謝祭@小諸」で撮影した小諸の写真を載せていきます。当日は、好天に恵まれ、高原の風を味わう事が出来ました。標高が高い分、日差しは強いですが京都のような湿気が篭もることもなく、清々しい夏を小諸で味わいました。

d0217090_2154170.jpg

懐古園内にある「そば処 やましろ」はカードラリーの場所になっております。

d0217090_2154157.jpg

真冬時は、ここに幾度無く訪れました。

d0217090_2154236.jpg

夏期限定の「梅しそ蕎麦」。素晴らしく美味しかったです。

d0217090_2154258.jpg

この時期に咲いている紫陽花。

d0217090_2154384.jpg

水の手展望台からの景色。139号線と並ぶ、なつまちを代表する風景。

d0217090_2154324.jpg

西浦ダム。

d0217090_2154438.jpg

なつまちおもてなしサロンにて行われた、かき氷人気キャラ投票。

d0217090_2154478.jpg

ここは、なつまちPVで哲郎が撃たれるシーンを演じてましたね。

d0217090_2154585.jpg

大久保橋。西浦ダム、海人家、布引観音と歩いて巡ったのが懐かしいです。

d0217090_215453.jpg

元々東信州は好きでしたが、なつまちのおかげで、度合いが半端じゃなく好きになりました。

d0217090_2154639.jpg

りのんがいる小諸。

d0217090_2154645.jpg

一度、小諸に来てみませんか?

[PR]
2012年 08月 07日 |
 2012年8月4日に開催された「あの夏で待ってる 感謝祭@小諸」へ行ってまいりました!なつまちイベント満載の当日は、素晴らしい天候にも恵まれ、たった一度のあの夏を味わうことが出来ました。なつまちファンも沢山、小諸へ訪れたようで、放送されて随分と時間は経ちますが、これだけのファンに愛されている作品なんだなと実感しましたね。4日は、朝探訪をした後は物販には並ばずになつまりラッピング列車の出発式へ先に向かいました。

d0217090_22575780.jpg

大澤プロデューサーが、清々しい面持ちでスピーチをされておりました。

小諸でこのような企画が実行出来た事に私も感動しました。

d0217090_22575714.jpg

テープカットです。微妙に絵にならないように感じるのは、市長さんがタイトルを言い間違えたせい?

d0217090_2257572.jpg

愛しの柑菜です。私のなつまち探訪は、柑菜へのレクイエム探訪と言っても過言ではありません。

d0217090_22575884.jpg

個人的に哲郎姉がお気に入りw

d0217090_2257592.jpg

ほんまち町屋館での果敢な奪取はすばら!なものがあります。

d0217090_2258035.jpg

青い子に負けない人気を誇る黄色い子。いや、子と付けるのは失礼かw

d0217090_225802.jpg

当作品のヒロインですが、青い子は絶対的ですw

d0217090_2258180.jpg

車内に飾られたタペストリー。

これは出発式だけの装飾らしく、通常はヘッドマークと共に外されています。

d0217090_2258137.jpg

車内に貼られたシール。このデザインでクリアファイル等々欲しいですね。

d0217090_2258230.jpg

こちらは軽井沢で撮影。この列車、軽井沢や長野駅にも発着するんですよ、たまりませんw

d0217090_22581270.jpg

りのんヘッドマーク。平常運転時は外されます。ちなみに、ヘッドマークの置き場所は考え中らしいですw

d0217090_2258272.jpg

当作品の主人公。海人の家で撮影してみたい・・・・。

d0217090_225839.jpg

ご覧の通り、長野行ですw

d0217090_22581476.jpg

中の人の人気は凄いですね。

d0217090_225845.jpg

堂々たる檸檬先輩。

d0217090_22583317.jpg

この柑菜のポーズはどうなんでしょう。

d0217090_22585431.jpg

見えるって!というちょっと危険な感じがしますw

d0217090_22585519.jpg

軽井沢から乗る乗客の反応を見ていましたが、男子大学生などは反応してましたw

d0217090_22591620.jpg

それに比べて、軽井沢に来た観光客や女性はまったく反応せず。

d0217090_2259193.jpg

やっぱり柑菜ですよね。

次回へ続く。

[PR]