acqua alta

京都発の「旅」「舞台探訪」「写真」を主したブログ
Top
|
|
2011年 09月 20日 |

金沢駅東口3番乗り場から出ている12系統のバスに乗り、1時間弱で湯涌温泉に行けます。

私は、片町や迎賓館を見て回ったので、兼六園横にある「出羽町」バス停から乗車。

まぁ、迷ったんですけどねw



d0217090_21254715.jpg
SHOT.1
そして、見覚えのある景色が一面に広がる!
d0217090_21284668.jpg
作品で見覚えるのある風景を肉眼で見るという感覚は素晴らしい!!
ここを通っているのですね、あの人たちは。


d0217090_21254024.jpg
SHOT.2
d0217090_21294697.jpg
福屋~
d0217090_21255488.jpg
SHOT.3
d0217090_21293594.jpg
素晴らしく見覚えるのある旅館。
来た事ないのに、週に1回近くは観ているような気になる。


d0217090_21254036.jpg
SHOT.4
d0217090_21285234.jpg

d0217090_21255331.jpg
SHOT.5
d0217090_21301061.jpg
バス停近くにある商店。
柚子のサイダーを買いました!凄くおいしい!
花いろ柄のサイダーは売り切れており、ぼんぼり祭時に再販されるとのこと。

d0217090_21254143.jpg
結名ポスター。おしりだけ隠されておりますw

d0217090_21254639.jpg
今までの経験上、暑い中、足湯は辛いと思います(下呂温泉で経験。


d0217090_21254762.jpg
SHOT.6
d0217090_2129577.jpg
この橋は色々と登場しますね!花いろの最新DVD表紙もこの橋です。


d0217090_21255441.jpg
SHOT.7
d0217090_2129699.jpg
訪れた18日(日曜日)にも舞台探訪の方々が訪れていました。
出会った、東京から車で来られた3人方は、帰りに白川郷に寄って帰られるとのこと。

また、東京から鉄道で来られたお二人とは、湯涌温泉を一緒に回らせていただきました。
昼食時には、舞台探訪の話で盛り上がり、あの花探訪された写真を拝見。
いつか行きたい秩父!でも道のりは険しいですな。


d0217090_2126151.jpg
SHOT.8
d0217090_2130335.jpg
本当は、ここに猫がいるはずですがw。
ここで頭に浮かんだのは、ニャンコ先生人形を置きたかった・・・。まさかの人吉探訪フラグになるとは・・・的な。


d0217090_2126120.jpg
SHOT.9
d0217090_21291450.jpg
大体こんなところからですかね。もう少し低姿勢かな。

d0217090_2126283.jpg
いろんなところにポスター。
巴さん派の私としては、レンさんけしからん!(ぇ

d0217090_21281313.jpg
ポスターいいですなぁ~。


d0217090_2126818.jpg
SHOT.10
d0217090_21292440.jpg
ぼんぼり祭の真の舞台ですかなw
お稲荷さんだと思うけど、名前を見損なった・・・。写真で一杯一杯だったので。


d0217090_2126837.jpg
SHOT.11
奥の池に架かっている橋。
ぼんぼり祭時には、もしかして池の周辺をぼんぼりが灯るのでしょうか。

d0217090_2126714.jpg
喜翠荘跡地に向かうために坂を上る際、何か見てる。結構な時間、見てきましたので。


d0217090_21273557.jpg
SHOT.12
d0217090_21285856.jpg
緒花が走っていましたよ。この地を。

d0217090_21272865.jpg
湯涌温泉を上から眺められますが、あまり前に出ると危ないw


d0217090_21261553.jpg
SHOT.13
上に来たものの、どこが何やらさっぱり。

下調べを事前にスッ飛ばして来たものだから、情報無く終了。

残念ながら、プールも見つけられなかった・・・。なぜだ・・・。

東京から来た方々と昼食後、別れて金沢市内へ。

お二人は、温泉に入られるとのことで、私も次回は必ず!

実は、片町プレーゴのカフェに寄りたかったのですが、予想外に帰りの電車がギリギリ。

スタバでアイスコーヒーを購入して、電車に乗り、帰路へ。

ちなみに、京都駅着は22時半前。結構ギリだった。

[PR]
2011年 09月 20日 |

2日目は金沢市内・湯涌温泉。


※こちらの地図に撮影場所をポイントで押さえております。SHOT番号と共にご覧ください。

d0217090_22262454.jpg

SHOT.1

こちらは、金沢駅東口。いつ見ても、変な屋根ですね。


d0217090_22263727.jpg

d0217090_23424813.jpg

SHOT.2

こちらは、近江町市場へ向かう最中にある交差点。


d0217090_2258044.jpg

これは、近江町市場の地図。正直、右往左往してかなり怪しかったと思いますw

同じところを何度も行き来して、悩んでいる姿は、摩訶不思議w


d0217090_22264327.jpg

d0217090_23422943.jpg

SHOT.3


d0217090_22265082.jpg

d0217090_2344870.jpg

SHOT.4

ここでいいのか、正直怪しい。

店も閉まっており、テンションも急降下。

近くのスタバで1時間ほど朝食を取った後、香林坊、片町方面へ。


d0217090_22265676.jpg

d0217090_23434968.jpg

SHOT.5

直ぐ横にはバス停があり、若い女性がたくさん待機しており、バスを待っておりました。

そんな中を、何の変哲も無い風景を撮影する際、注目されるのは当然ですw


d0217090_2227380.jpg

d0217090_23433764.jpg

SHOT.6

この写真、本当はバスが左車線を走る風景を撮影したかったのですが、手前で車がハザード停車w

待っても、待っても動かないし、バスは来るし、でしぶしぶ撮影w

この信号の付近で広告配りをしていた女の子が不思議そうに見ていたのは気づいてましたよっ!

かわいかったので、うれしかったけd・・・・(ぇ


d0217090_2227103.jpg

d0217090_23432538.jpg

SHOT.7

ここが金沢の繁華街なんですな。実は始めてきました。

京都でいう四条とそれほど変わりない感じでした。


d0217090_2227269.jpg

d0217090_23443935.jpg

SHOT.8

まだ朝の9時過ぎということで、人が少ない。

ここは、人混みで溢れる地なんでしょうか。


d0217090_22273335.jpg

d0217090_23431497.jpg

SHOT.9

グーグルマップで何とか居場所を見つけ、迎賓館へ。

正面撮影時に、同業者を発見、しかも女子二人組みときた。

笑顔で挨拶。以上だ!


d0217090_22274347.jpg

d0217090_23421943.jpg

SHOT.10

結婚式に呼ばれたトオルと共に登場するシーンです。

周辺の芝生には、芸術的なモニュメントが飾られておりました。


d0217090_22275045.jpg

d0217090_23435857.jpg

SHOT.11

物凄く効率が悪いというか、金沢の地理を知らな過ぎて舞い戻ってきた片町w

ヒロインたちが食事したお店です。

何か食べようと思ったのですが、尋ねた時に11時からということで、あえなく断念。


d0217090_22275611.jpg

d0217090_23442231.jpg

SHOT.12

緒花はここを走っていたようだけど、どういう経路で走っていたのか・・・気になる。


d0217090_2228548.jpg

d0217090_2343366.jpg

SHOT.13

サンクス前から撮影w

なんとか、車と景色を合わせることが出来ましたw。

できれば、色も車種も・・・ぇ

ちなみに上記舞台探訪情報は、「ハイパー・メディア・コンシューマー」さん及び、
舞台探訪 富山県・石川県時々他県へ」さんを参考にさせていただきました。
素晴らしく整っているので、後は行動すればいいだけ!という緻密さです。

次回は、湯涌温泉。では、エニシング~♪
[PR]
2011年 09月 19日 |

d0217090_9173033.jpg

城端庁舎で「真実の涙をもう一度」有志会の方々と舞台訪問のお話をさせていただき、

17時半頃から、夜のむぎや祭へ。

d0217090_9173760.jpg

雨足は強くなり、一時は豪雨に。

こういう時の露天は厳しいですね。

(翌日の日曜は晴れで最高だったようです)

d0217090_9174487.jpg

大雨だったので、別院の門で雨を防ぎながらの鑑賞。

ttファンも多く見かけましたし、熱演が伝わってきます。

d0217090_9175234.jpg

笠を回す光景が凄いですね。素人目ながら、難しいんだろうと思います。

d0217090_9181213.jpg

別院で小一時間鑑賞後、善徳寺前交差点では、熱いじゃんとこいむぎやが繰り広げられてます!

d0217090_9181934.jpg

大粒の雨のせいか、迫力が凄かった。

野外で物凄い演劇を見ている感覚でしたよ。

d0217090_9182775.jpg

雨に濡れて、旗も重いのに、その中で旗を荒ぶらせていた光景に脱帽。

d0217090_9184279.jpg

d0217090_9184981.jpg

踊りが熱すぎて、もう熱心に撮影してましたw

踊られている方々も、雨の中、何かふっ切れたかのような物凄い踊りの数々。

d0217090_919108.jpg

最後まで見ていたい・・・と思いつつも迫る電車の時刻。

d0217090_9192057.jpg

終電は混むだろうと思い、一つ前の電車に乗り、宿のある高岡駅へ。

やはり、城端へは車で来た方が良さそうと実感。

毎年来たいですね。今度は2日間満喫したい。

次回は、石川県へ。

[PR]
2011年 09月 19日 |

d0217090_8161199.jpg

じゃんとこいむぎやです。

民謡を独自にアレンジした、個性的な踊りが披露されます!

d0217090_8162432.jpg

地元の方や、城端周辺地域の方々が参加されております。

かなり楽しませてもらいました。それにしても、スピーカーの音量が凄いw。

d0217090_81632100.jpg

別院でも始まっており、風情がありました。

d0217090_8163972.jpg

高校生などが演技をしているのを見ると、リアルttを強く感じますね。

d0217090_8164850.jpg

あのスーパーのフルネームを始めて知った瞬間であった・・・。

d0217090_8165733.jpg

d0217090_8173268.jpg

町中のあちこちで、tt&むぎや祭のコラボポスターを目にします。

一部では、花いろのポスターもあったり。

d0217090_8174029.jpg

16時半ぐらいからは「真実の涙をもう一度」有志会の方々がおられる3Fで休憩。

舞台探訪の情報がたくさんあったので、大変参考になりました。

NAVIGATION.3へ。

[PR]
2011年 09月 19日 |

3年越しの希望が叶った、今回の城端遠征。むぎや祭に初参加です。

17日、京都駅始発の電車で高岡を経由し、城端駅着は12時半過ぎ。

宿は高岡駅前に取っており、城端線に乗り換えの際、ダッシュで荷物だけ預けてきました(笑。



d0217090_102019.jpg

乗車した電車はハットリくん。子供の頃に見た記憶は残っています。再放送でw。

d0217090_112989.jpg

城端に到着した時は、感慨深いものがありました。

下車時、tt関連だなぁと思う人も何人かおられました。

d0217090_132295.jpg

もちろん、ノート記入は欠かせない!

「海街」としっかりと、汚い字で書いておりますw。

d0217090_143211.jpg

この日の城端は、あいにくの雨模様。

のちに豪雨へと変わっていくのであった・・・w

d0217090_17435.jpg

とりあえず、かかせないのがこちら。

駅前の道を真っ直ぐに向かうと、ローソンが見えてきて、向かい側にあるスーパー。

ここで、買い物をしようかと思ったけど、雨がきつくて、何となく萎えた。

d0217090_184640.jpg

雨が降るという前提の装備をしてきましたが、実際に雨が降ると写真撮影が億劫になる。

開催されるのかどうかも、不安。

d0217090_1104270.jpg

城端別院善徳寺。

関係者の方々も、雨が心配な様子。

d0217090_1121612.jpg

雨のせいで、露天もイマイチ。

ちなみに、お昼は別院前の焼きそばを奥で頬張って、露天の人と適当に話してました。

d0217090_11350100.jpg

食後に訪れたのが、じょうはな座。

チケットは完売で買えなかったのですが、念願であったtt住民票を入手!

写真は城端庁舎3Fにて行われた踊りの講習に少しだけ参加させていただきました。

「真実の涙をもう一度」有志会の方々と舞台探訪の話をさせていただいたり、

地元のけいおんの話した、たまゆらーであることなど、色々お話をさせていただいたりw。

休憩場所として利用させていただき、さらには情報交換もさせていただき、素晴らしいひと時。

NAVIGATON.2では、むぎや祭の写真などを。

[PR]