acqua alta

京都発の「旅」「舞台探訪」「写真」を主したブログ
Top
タグ:あの夏で待ってる ( 60 ) タグの人気記事
|
|
2012年 01月 31日 |
 ここからは、第2話の舞台探訪記事です。前回に引き続き、atohiroさんに車で佐久平駅まで連れて行っていただきました。つくづく感謝です。また、向かう途中、海人が電車を撮影しているシーンの候補地の場所を案内していただき、いい勉強になりました。今回の佐久平駅は、小海線と長野新幹線の停車する駅となっており、お姉ちゃんさんが出発する駅でもあります。

※当ブログに載せている映像画像の著作権は全て、「© I*Chi*Ka/なつまち製作委員会」様に帰属します。

d0217090_21565336.jpg

d0217090_21452973.jpg
シーン1

d0217090_21565497.jpg

d0217090_21453019.jpg
シーン2

d0217090_21565490.jpg

d0217090_21453039.jpg
シーン3

d0217090_21565441.jpg

d0217090_21453145.jpg
シーン4

d0217090_21565572.jpg

d0217090_2145311.jpg
シーン5

d0217090_2159361.jpg

d0217090_21453276.jpg
シーン6

d0217090_21594677.jpg

d0217090_21453245.jpg
シーン7(待っていたらこんな有様でw)

d0217090_2212612.jpg

d0217090_21453376.jpg
シーン8

d0217090_2215375.jpg

d0217090_21453346.jpg
シーン9(どうも、一致できない模様)

d0217090_2221519.jpg

d0217090_2145341.jpg
シーン10

[PR]
2012年 01月 31日 |
 第1話冒頭に登場した西浦ダム。夜間の撮影は難しいため、日中での撮影とさせていただきます。このダムには、atohiroさんに車にて連れていただきました。明るいうちは、そんなに不気味な雰囲気があるわけでもないのですが、夜の懐古園から見たダムエリアは、やはり薄気味悪い気がします。また、懐古園裏からダムへ向かう道があるようですが、一部崩れているなど危険なため、行かない方がいいようです。


※当ブログに載せている映像画像の著作権は全て、「© I*Chi*Ka/なつまち製作委員会」様に帰属します。

d0217090_20443931.jpg

d0217090_23175742.jpg
シーン1(決定的なミス写真)

d0217090_20452153.gif

d0217090_23175347.jpg
シーン2

d0217090_20454350.jpg

d0217090_23175321.jpg
シーン3

d0217090_2046696.jpg

d0217090_23175482.jpg
シーン4(電波塔がポイントかな)



次回は、第2話。
[PR]
2012年 01月 31日 |
 海人たちが通っている学校になります。ただ、撮影時は最大限の配慮が必要です。ここの交差点は車がそれなりに通る場所で、様々なシーンの撮影に少し苦労しました。信号待ちとの闘いと言ったところでしょうか。また、ここに来るには人力ではそれなりにかかるので、車で来られる方もいると思いますが、車を適当に路駐されるなどの行為はされないように。

※当ブログに載せている映像画像の著作権は全て、「© I*Chi*Ka/なつまち製作委員会」様に帰属します。

d0217090_20203515.jpg

d0217090_2014517.jpg
シーン1

d0217090_20164158.jpg

d0217090_23124745.jpg
シーン2

d0217090_20171186.jpg

d0217090_23124849.jpg
シーン3

d0217090_2018026.jpg

d0217090_23125036.jpg
シーン4
d0217090_23124896.jpg
シーン5

d0217090_20222128.jpg

d0217090_23124976.jpg
シーン6

d0217090_20225135.jpg

d0217090_23124949.jpg
シーン7

[PR]
2012年 01月 31日 |
 小諸駅から北に少し向かったところにある、相生町商店街。お姉ちゃんさん&柑菜がいたシーンは、文字違いの青果店です。今回の遠征では、幾度無く相生町商店街を歩きました。晩御飯を買いにツルヤに2度訪れてますし、atohitoさんに教えていただいた「うさぎや」という500円で食べれるランチがあるお店に出向いたり、本町にある「夢我夢中」というラーメン屋で豚骨を味わったり。次回は必ずや「自家焙煎珈琲こもろ」にお邪魔したいと思っております。

※当ブログに載せている映像画像の著作権は全て、「© I*Chi*Ka/なつまち製作委員会」様に帰属します。


d0217090_1943059.jpg

d0217090_2331669.jpg
シーン1

d0217090_1943444.jpg

d0217090_233163.jpg
シーン2

d0217090_19442559.jpg

d0217090_2331744.jpg
シーン3

d0217090_19445464.jpg

d0217090_233173.jpg
シーン4

d0217090_19452098.jpg

d0217090_2331732.jpg
シーン5

d0217090_19454650.jpg

d0217090_2331898.jpg
シーン6

[PR]
2012年 01月 31日 |
再編集:
・3月9日
・2月18日

 こちらは、小海線乙女駅周辺となります。ホームの端から乙女湖へ向かう道も用意されております。乙女湖では、小諸市文化センターにて夏待ちノートが用意されており、第一号として記入させていただきました。駐車場も用意されており、広い空間ですので、夏待ち巡礼での一時の休息を取るのに適した場所です。

 今回の未発見のシーンが2つあり、側溝のようなものは既に特定されているようですが、もう一つの海人が通学で利用している民家の合間にある道。地図上の流れで、乙女駅周辺なのか、または海人の家周辺なのか。なかなか難しいものがありますね。

 そして、今回の目玉?シーンは、作中に登場した家族写真。乙女湖での撮影で、背後に小諸市文化センターが写っております。私も当初は見逃しており、同行案内していただいた、atohiroさんに教えていただきました。シーンの資料が無かったので、一致に関しては妥協してますが、大体こんな感じですね。

※当ブログに載せている映像画像の著作権は全て、「© I*Chi*Ka/なつまち製作委員会」様に帰属します。

d0217090_865887.jpg

d0217090_80022.jpg
シーン1

d0217090_23151820.jpg
未回収

d0217090_23151854.jpg
未回収

d0217090_2359592.jpg
d0217090_23151963.jpg
再編集シーン4

d0217090_875452.jpg

d0217090_23151915.jpg
シーン5

d0217090_23152096.jpg
未回収

d0217090_884450.jpg

d0217090_23152024.jpg
シーン7

d0217090_22133154.jpg

d0217090_23152170.jpg
再編集シーン8

d0217090_811899.jpg

d0217090_23152164.jpg
シーン9

d0217090_22101379.jpg

d0217090_2211125.jpg
再編集シーン10


再編集:
 こちらの側溝は、139号線の電線W字近くにある小道に入り直ぐの左側にあります。この流れだと、海人が歩いている上記の未回収シーンもあるかと思いきや、今のところ具体的に発見に至らず。また、乙女駅裏のイチカが釣りをしているシーンに関しては、小諸市文化センターにある川であることがわかっておりますが判明されておりますが、まだ未回収ということで、次回遠征時に。

d0217090_2217329.jpg

 イチカが釣りをしているシーンですが、基本は乙女駅になるのですが、所々小諸市文化センター裏の川になります。こちらの場所へ向かうには、乙女駅下車し、ホーム西側に乙女湖に抜ける道があるので、そこからだと近道になります。文化センターには、夏待ちノートも設置されているので、是非とも記帳を!
[PR]
2012年 01月 30日 |
再編集:
・3月9日
・2月18日



※当ブログに載せている映像画像の著作権は全て、「© I*Chi*Ka/なつまち製作委員会」様に帰属します。

 「あの夏で待ってる」の舞台である長野県小諸市に1月28日から30日にかけて訪れてきました。現地へは、京都からの夜行バスで更埴インターで下車し、しなの鉄道にて小諸上陸です。朝の7時過ぎに到着したので、相生町の商店街を見て回り、シーン回収を行った後、懐古園での撮影を行いました。

 今回の撮影において、ツイッターでフォローさせていただいている「@atohiro」さんに案内をしていただくというまさかの展開でした。地元の方なので、場所毎にスムーズに回れるという素晴らしさ。歩いて行くと決めていた身としては感謝しきりです。また、小諸市内での登場シーンのスポットに関しては、「@soarerz」さんが追い求められた情報を参考にさせていただきました。

d0217090_22234481.jpg

d0217090_2152360.jpg
シーン1

d0217090_22243978.jpg

d0217090_2152420.jpg
シーン2

d0217090_22213621.jpg

d0217090_2152436.jpg
再編集シーン3

d0217090_2225309.jpg

d0217090_2152615.jpg
シーン4

d0217090_22255546.jpg

d0217090_2152574.jpg
シーン5

d0217090_2152716.jpg
シーン6(未回収)

d0217090_22263362.jpg

d0217090_2152674.jpg
シーン7

d0217090_22272863.jpg

d0217090_2152863.jpg
シーン8

d0217090_2228416.jpg

d0217090_21521539.jpg
シーン9

d0217090_2229228.jpg

d0217090_21521680.jpg
シーン10

d0217090_23513715.jpg

d0217090_23504761.jpg
d0217090_23511383.jpg
再編集シーン11

d0217090_23555317.jpg
d0217090_235124.jpg
再編集シーン12


 シーン6に関してですが、一応撮影しているのですが、個人的に納得できていないので、再訪時の回収シーンにいたします。OPシーンは実は、小諸駅周辺、乙女湖、乙女駅、懐古園、ほんまち町屋館と様々な場所が登場し、以外にもハードな組み合わせです。また、光岳寺でのシーンに関しては、中々面白い感じになっております。

 撮影裏談話?として、土曜日の午前中にatohiroさんと共に一気に撮影を終わらせて、佐久平駅へ向かい、ここでatohiroさんとお別れした後、新幹線あさまの撮影をし、佐久平イオンモールで軽く物色して、小海線で小諸へ戻りました。小諸では、お姉ちゃんさんの商店街シーンとほんまち町屋館を撮影後、14時頃に観光協会へ向かったのですが、そこでまさかの4時間にも及ぶ談笑w。アニメについてだとか、小諸や軽井沢の事、聖地巡礼の事など色々と話をさせていただきました。ダイナマイトドリンクはどうすればいいのか?なども。

 そして、小諸遠征裏談話2。民宿懐古苑という小諸駅前の旅館に宿を取ったのですが、ここでまさかのサプライズ。同じく小諸を舞台にした「すくらっぷ・ブック」の作者・小山田いく先生のファンの方々の集いが同じ宿で開かれていました。当日28日(土)は、私とその方々のみの滞在で、さらに私が夏待ち巡礼者だということで、宴会に参加させていただきました。その方々は現在の作品にも精通されており、夏待ちに関しても観られているとのこと。さらにさらに、夏待ちの鑑賞会を実施しようということで、作中の場所を私が少し解説しながら見ておりましたw。アニメ以外にも漫画についても色々と談笑をさせていただいたり、夜の懐古園へ連れて行ってもらったり(むちゃくちゃ寒かったけど)。小諸で放送される夏待ちをLIVEで鑑賞後、お開きとなりましたが、とても楽しいものでした。個人的に、ARIAの話をあれほど出来たのは、本当に滅多にないことだったので、感無量ですw。

再編集:
 再編集として追加した、庭シーンですが、場所はほんまち町屋館で大体合っていると思います。本来ならば、海人の家であるべきなんでしょうが、古民家として良さをより良く出すために一部採用されたのではないでしょうか。また、りのんがタライに入っているシーンは、ほんまち町屋館の裏庭になります。

 柑菜が乙女駅に座っているシーンですが、より一致感を高めてみました。乙女駅には、ノートが設置されています。これは、夏待ちノートではありませんが、最近は夏待ちファンが大勢書き込んでいるようですw。

次回に続く。
[PR]
2012年 01月 25日 |

d0217090_20532282.jpg





 今週末から3日に渡って、東信遠征を実施します。小諸・軽井沢へは、年末年始の休養時におとずれて以来の1ヶ月ぶり。小諸・佐久平・軽井沢と、しっかりと撮影してくる予定。資料数100枚以上と厳寒で厳しい条件ではありますが、大崎下島で見せた70枚カット一気撮りを思い出して頑張る予定。

 小諸市内の交通が天候次第で大きく変わるのですが、今のところ徒歩での移動を念頭に入れております。一応、レンタサイクルの予約はしているのですが、路面凍結や雪が酷い場合は、雪上デスランデブーになりますので。徒歩になったとしても、丸一日使えるので、散歩感覚でのんびり巡るとします。

 また、軽井沢での撮影に関しては、アウトレットと旧軽とどちらの先に撮影するかで悩む。時間的、場の雰囲気的にみて、アウトレットでの撮影を先に済ませた方がいい気はしてます。旧軽は、撮影するにしても、人は入るものの、撮影していても特に違和感はないと思います。アウトレットで店に向かって撮影している人を見たことが無いので、やはり不思議に思われるかもしれない・・・。

では、27日の夜に出発です。
[PR]
2012年 01月 11日 |

 昨夏に夏待ち関係無しで、訪れた小諸懐古園です。しなの鉄道途中下車の一環で訪れた地ですが、夏待ちに登場したことで、写真を起こしてきました。既に過去の記事に載せてる?写真ばかりだと思いますが、小諸懐古園の写真だけでまとめておきます。夏に訪れた印象としては、暑くはあるけど、都会など特に京都で感じていた蒸し暑さはなく、清々しい暑さで過ごしやすかったです。でも、この地域は坂が多い地域。標高が高いと言えど、かなり夏場は大変な感じがします。小諸から軽井沢へ向かうと一気に気温と空気が変わって涼しくなります。ただ、最近は軽井沢も夏場は30度近くなるので、朝晩以外は、程よく暑いです。

※一部ネタばれになっておりますので、ご注意を。

d0217090_10113030.jpg

三の門

d0217090_10113036.jpg

富士見展望台。たぶん、この展望台からの写真だと思います。

d0217090_10113168.jpg

d0217090_10113251.jpg

d0217090_10113288.jpg

 こちらは、水の手展望台からの撮影。夏待ち第1話冒頭に海人がカメラの調整をしていた、西浦ダムが写っております。また、横の赤い建物は、千曲小学校になります。主人公・海人がダムのどこで撮影をしていたのか分かりませんが、登場したダムはここだと思います。

d0217090_10113396.jpg

本丸跡石垣

d0217090_10113346.jpg

黒門橋周辺の石垣

d0217090_10113429.jpg

8月初旬に訪れましたが、紫陽花?が咲いておりました。

d0217090_10113484.jpg

この写真を見ると、坂具合が少し分かると思います。

[PR]
2012年 01月 10日 |



※当ブログに載せている映像画像の著作権は全て、「© I*Chi*Ka/なつまち製作委員会」様に帰属します。


 早速、「あの夏で待ってる」が放送されたということで、OPシーンの一部ではありますが、類似の写真を載せていきます。一致というわけではありませんが、登場シーンに近い場所での写真を幾つか、昨年末大晦日に撮影できておりました。もちろん、今後再訪する形で、少しでも一致できるように狙っていくつもりです。

d0217090_21131767.jpg

d0217090_21131535.jpg

OPシーン1

d0217090_21131856.jpg

d0217090_21225078.jpg

OPシーン2

d0217090_21131840.jpg

d0217090_21131611.jpg

OPシーン3


 柑菜が座っているベンチを撮影できていたことが、個人的に一番うれしい。やはり、このベンチは、ぺrpr・・・。その他に登場している乙女湖公園、商店街、光岳寺、懐古園に関しては、再訪予定。

d0217090_21132026.jpg

小諸駅前。

d0217090_2113207.jpg

小諸駅前2。

d0217090_21131966.jpg

小諸駅前3。

d0217090_21131959.jpg

停車場ガーデン。

d0217090_2131655.jpg

停車場ガーデン2。
[PR]
2011年 12月 31日 |
再編集:12年1月3日



 昨年11年12月31日に「あの夏で待ってる」のPVに登場したシーンの撮影をしてきました。場所は、小海線乙女駅前です。京都(関西)からの交通手段は幾つかあります。18切符なら、塩尻から小淵沢へ向かい、小海線で小諸駅。また、篠ノ井まで18切符を利用し、篠ノ井からしなの鉄道を利用することになります。また、大阪・京都から一日一便走っている特急しなのに乗車すれば、篠ノ井まで直通でき、そこからしなの鉄道乗車になります。バスに関して言えば、京都-更埴インターのバスに乗り、最寄のしなの鉄道屋代高校駅前乗車で向かうパターンなどがあります。個人的には、今後バスルートを採用するかと思います。

※当ブログに載せている映像画像の著作権は全て、「© I*Chi*Ka/なつまち製作委員会」様に帰属します。

d0217090_1928470.jpg
d0217090_1929939.jpg
PVシーン1

d0217090_1928552.jpg
d0217090_19291084.jpg
PVシーン2

小諸駅から2つ目の乙女駅。運賃は140円となります。無人駅。周辺には、乙女湖公園があり、作中で登場するのではないかと予想しております。他にも、お隣の平原駅の近くには、丸山珈琲小諸店などもあり、中々面白い地域です。以下は、乙女駅周辺を無作為に撮影した写真です。

d0217090_1928540.jpg

d0217090_1928693.jpg

d0217090_1928677.jpg

d0217090_1928731.jpg

d0217090_1928950.jpg

d0217090_1928892.jpg

d0217090_19281079.jpg

d0217090_1928979.jpg

d0217090_19281167.jpg

d0217090_19281195.jpg

d0217090_1928117.jpg

d0217090_19281277.jpg

この中で、一枚でも作中に登場してくれれば・・・。

[PR]