acqua alta

京都発の「旅」「舞台探訪」「写真」を主したブログ
Top
2014年 07月 13日 |
 今週末、蒸し照らす暑い苦しい京都を脱出し、市民祭りが行われる信州小諸へ足を運んできました。昨年から始まった小諸市民祭り「なつまち神輿」ですが、残念ながら今回が見納めということで、何とか見たい!と思い立った次第です。先日に起きたJR中央西線での災害で不通になったこともあり、高速バスの需要が高まったせいか、バスの確保にかなり苦労しました。早々の復興と共に、従来通りの素晴らしい車窓の見える路線が戻ってくることを祈っております。
 
 今回は祭りを見に行くだけが目的ではなく、先日公開された「OVAあの夏で待ってる 特別編」のPVに登場したカット回収も行ってきました。8月29日に発売されるBlu-ray BoxにOVAが収録されており、新しく登場するシーンに期待が高まります。今回のPVでは新規カットは少なかったのですが、発売当日は小諸で撮影を行いと考えております。



※当ブログに載せている映像画像の著作権は全て、「© I*Chi*Ka/なつまち製作委員会」様に帰属します。
d0217090_17183519.png
国道139号線にある海人の通学路。
139号線では完全一致はできません。
d0217090_17184997.png
国道139号線から農道を西に入ったところにあります。
d0217090_17183649.png
なつまち新規カット。芦原中の交差点で撮影できます。
よく観ると、看板に「Komoro city,,,」と記入されており、感動しました。

8月29日に発売されるOVAにはおそらく新規シーンが幾多に登場すると思います。
その際に、またお邪魔して撮影して回りたいと思います。
d0217090_17295234.jpg
国道139号線
d0217090_17295668.jpg
JR小海線乙女駅前
d0217090_17300348.jpg
JR小海線乙女駅ホーム
d0217090_17312308.jpg
しなの鉄道小諸駅
d0217090_17312393.jpg
小諸主屋本陣なつまちサロン前
d0217090_17312342.jpg
なつまち神輿
d0217090_17312302.jpg
なつまち神輿・練習風景
d0217090_17312341.jpg
一般の方々、他の神輿の方々から拍手を受ける、なつまち連。
d0217090_17312316.jpg
気温高まる小諸。アトゥイ!
d0217090_17312314.jpg
祭りは夕方から夜になるほど盛り上がる!
が、私は珈琲こもろさんでアイス珈琲を満喫し、そば7さんでビールの肴で大満喫。
夜の神輿の写真は撮影できませんでしたw

次回の小諸ドカンショは参加します!

小諸市民まつり「なつまち連」http://www.komoronop.org/#!festival/c9s7
小諸市観光協会・市民まつりhttp://www.kanko.komoro.org/event/07-00mikoshi/

[PR]
2014年 07月 05日 |
 今夏放送開始のPAワークス新作「グラスリップ」。第1話が放送され、その舞台である福井県坂井市三国に行って参りました。第1話に登場した主な場所は、金津創作の森「Cafe・コトノハ」、坂井市三国、福井市越前海岸「ワタリグラススタジオ」です。コトノハとワタリグラスは駅から離れており、交通アクセスに難ありです。交通手段のみで行く場合、コトノハはJR細呂木駅下車徒歩約15分。ワタリグラスへは、福井駅前発の京福バス鮎川線(15系統)にて所要時間約1時間になります。

●当ページの画像は比較研究で引用しております。作品の著作権は@glasslip project様に帰属します。


d0217090_22560256.jpg
福井県福井市のワタリグラス スタジオ。
公共交通機関で行くには、京福バス鮎川線「鮎川新町」バス停下車徒歩スグです。
福井駅前バス停から鮎川新町バス停までは約1時間の道のりです。
土日限定のフリー切符1,000円のご利用をお勧めします。
鮎川線時刻表http://bus.keifuku.co.jp/rosen/
d0217090_22560220.jpg
既に幾多の巡礼ファンが訪れております。
今回の目的の一つであった、ペンダントを購入。
d0217090_22560246.jpg
この坂道、自転車でのスピードの出しすぎは命取りですw
d0217090_22560282.jpg
夏らしい入道雲にはめぐりあえず。
d0217090_22560226.jpg
作中では工房の横に自宅を構えています。
d0217090_22560239.jpg
余談ですが、鮎川新町バス停スグのところにCafeがありますので、まったりもお勧めです。
d0217090_23042615.jpg
次は福井県あわら市にある「Cafeコトノハ」。
公共交通機関で行くには、JR細呂木駅から徒歩数分ですw
こちらの珈琲豆は北鎌倉の「石かわ珈琲」の豆を使っておられます。
本日訪れた際も、マスターと少しお話させていただきました。
お店の定休日等はブログでご紹介されています。
http://hokonoha.exblog.jp/
d0217090_23042692.jpg
マスター曰く「ギターが映っていたのがうれしかった」とか。
d0217090_23042624.jpg
店内カットは類似しているシーンが多いので省きます。
d0217090_23042613.jpg
来た時は赤いコーンなんてなかった気が。。。
d0217090_23042680.jpg
本日は舞台探訪三国志の有志の方々が大勢来られていました。
店内の椅子が足りず、スタンディングで盛り上がっておりました。
あと、マスターに顔を覚えていてくださってましたw
d0217090_23130683.jpg
次は三国町のカットを載せていきます。
こちらは、エッセル堤防。
灯台を越えて、更に先に行きましたが、どうも合わない・・・。
d0217090_23130610.jpg
三国駅付近にある踏み切り。
この道の先に龍翔館及び三国観光ホテルがあります。
あと、激坂ですが小諸勢としては自転車で完走問題無しw
d0217090_23130639.jpg
三国港駅です。到着間際に車内から急いで撮影してみましたがイマイチ。
d0217090_23130648.jpg
こちらも、三国港駅ホーム。
d0217090_23130615.jpg
このカットは以外と時間がかかります。
三国港駅まで鉄道で来てみればわかりますw
d0217090_23130669.jpg
三国港駅駐輪場。
ちなみに、この三国港駅でレンタサイクル一人50円で借りれます。
16時頃までに当駅に要返却です。
d0217090_23183681.jpg
三国港駅を出て、向かいの駐車場から撮影。
d0217090_23183647.jpg
汐見公園。
立地的に徒歩では厳しいです。レンタサイクル推奨。
d0217090_23183635.jpg
この沿道をランニングするファンが現れるのでしょうか。
d0217090_23183677.jpg
まだ草?芝生?は生えそろっていませんが、夏場には間に合ってほしい。
d0217090_23252852.jpg
やはり生え揃わないと、作中の雰囲気には程遠いです。
d0217090_23183679.jpg
こちらは三国サンセットビーチ。
今日訪れた時は、サーファーが練習をしていました。
いつか、訪れた際には泳ぎたいところです。
d0217090_23270558.jpg
いざき親水公園付近。
完全一致できるスポットがあるのか気になります。
d0217090_23270555.jpg
三国湊町。
港町の古き雰囲気が伝わってきます。
d0217090_23301444.jpg
町並みエリア抜けると、海を眺めることができます。
d0217090_23270598.jpg
第1話で花火大会を観ていた「白山神社」
こちらの神社では祭りの時に、神輿を海に浸けるようです。
d0217090_23270509.jpg
龍翔館へ向かう坂道。
是非、自転車で登りきりましょう。
d0217090_23270574.jpg
三国港駅前。花火大会時は酷い混みようになるようです。
d0217090_23344686.jpg
白山神社階段の横にある裏階段。
d0217090_23344664.jpg
本日、こちらで猫と遭遇しました。
d0217090_23344631.jpg
花火大会時は、ここも人手あふれかえるようです。
d0217090_23344670.jpg
「めがねばし」PVでも登場しました。
d0217090_23344632.jpg
自転車のスピードの出しすぎには気をつけましょうw
d0217090_23344674.jpg
この階段での落下は重症を意味しています。
d0217090_23382465.jpg
Cafeコトノハに設置されているノートにマスターが記入w
d0217090_23390606.jpg
みくに文化未来館にて設置されていました。
ちなみに、ポスターはサイン入りです。

第2話に続く。

[PR]
2014年 06月 29日 |
 極黒で登場した諏訪周辺。今回は、湖畔公園から少し離れた立石公園でのカットを載せていきます。場所は上諏訪駅の東側にある山の中腹にある、諏訪湖を一望できる立石公園。交通手段は、汗だくになり徒歩で登るか、諏訪市内で循環している「かりんちゃんバス茶臼山・四賀線」に乗車するか、車かバイクで登るかです。今回は、バス手段をとり、上諏訪駅西口乗車で、立石公園最寄の「立石町」バス停下車し、そこから10分ほど登り坂を歩いていきます。


当ページは画像は比較研究で引用しており、作品の著作は【(c)岡本倫/集英社・「極黒のブリュンヒルデ」製作委員会】様に帰属します。

d0217090_15484458.jpeg
第10話「立石公園」
d0217090_15484575.png
第10話。天気が良ければ最高の諏訪湖一望でした。

d0217090_15503734.jpeg
第11話。真子が破壊したのは「大見山」でしょうかw

d0217090_15503703.jpeg
第11話。現地でこの規模の燃焼を想像しましたが、ありえない規模です。
d0217090_15503794.jpeg
第11話。真子の落下シーンですが、後ろの山を参考に撮影しました。
d0217090_15503889.jpeg
第11話。立石公園は親子連れが来て遊んでる、のんびりした公園ですw

d0217090_15503803.jpeg
第11話。公園には駐車場もあります。
d0217090_15503868.jpeg
夕日を見たかったですが、生憎の曇天で、雨が降り出しそうでした。
d0217090_15503881.jpeg
第11話。
d0217090_15503804.jpeg
第11話。
d0217090_15503813.jpeg
第11話。カットの精度はあまり合いません。
d0217090_15503893.jpeg
第11話。

立石公園の交通手段ですが、かりんちゃんバスが有力だと思いますが、便の本数が限られているので、要注意です。
帰りは勿論、下りなのですが、バスの時刻表が微妙なので、細かい路地を歩いて下る案もあります。
路地の細かい階段を下れば案外早く上諏訪駅まで戻ることができます(脚はプルプル震えますがw

次回は松本城及び、あがたの森公園。


[PR]
2014年 06月 29日 |
 今回は第5話に登場した諏訪湖・湖畔公園のカットを載せていきます。場所は、上諏訪駅から徒歩10分程の所に位置しています。周辺には日帰り温泉施設や日帰り入浴を行っている宿泊施設もありますので、探訪後の入浴には事欠きません。余談ですが第6話にも諏訪湖が登場しますが、カット回収をし忘れておりました(汗


当ページは画像は比較研究で引用しており、作品の著作は【(c)岡本倫/集英社・「極黒のブリュンヒルデ」製作委員会】様に帰属します。

d0217090_14450277.jpg
向かいに小さな橋がありそこから撮影しましたが、難しい。
d0217090_14450234.jpg
扇状のステージがあり、この周辺でのカットが多いです。
d0217090_14450232.jpg
d0217090_14450264.jpg
d0217090_14450212.jpg
d0217090_14450207.jpg
d0217090_14450251.jpg
d0217090_14450212.jpg
d0217090_14450275.jpg
d0217090_14450249.jpg
諏訪市公式ページにて湖畔公園の詳細が記述されております。
ttp://www.city.suwa.lg.jp/www/info/detail.jsp?id=582

次回は、立石公園

[PR]
2014年 06月 27日 |
先週末に木崎湖にて小諸勢の方々とのBBQに参加させていただき、合わせて松本・諏訪湖と巡ってきました。記事に関しては、カット枚数が多いので、中途半端ですが松本・諏訪湖と、場所毎に分けていきたいと思います。長野に通って、数年経っていますが、おかげで松本にも時間の合間に訪れることも多くなり、またじっくり観光をしたいところです。

当ページは画像は比較研究で引用しており、作品の著作は【(c)岡本倫/集英社・「極黒のブリュンヒルデ」製作委員会】様に帰属します。


d0217090_00200999.png
第2話、松本駅前のCoCo壱番屋前
d0217090_00200965.png
d0217090_00200926.png
d0217090_00200922.png
次回、ここで昼ごはん食べないと。
d0217090_00200936.png
撮影当時6/22は雨風強く、探訪には非常に辛い天候でした。
d0217090_00233458.png
ここから第7話。信州大学松本キャンパスです。
信大方面行きのアルピコバスが何台かあるようですが、不運にも来なかったので徒歩芸でした。
d0217090_00233467.png
撮影の角度を致命的にミスってます。
d0217090_00233479.png
おそらくここかな?という程度の信憑性です。
d0217090_00233466.png
改めて松本駅前。
d0217090_00233439.png
松本駅。
d0217090_00233473.png
d0217090_00233426.png
駅前の時計台ですが、撮影が難しいです。。。

雨の探訪ということもあり、カットも絞ったり、あまいカットもあったりと散々でした。
木崎湖での雨は、雨降りなりの楽しさがありましたが、探訪となると全く別ですね・・・。
次回は諏訪湖ともう一つ松本市内。

[PR]