acqua alta

京都発の「旅」「舞台探訪」「写真」を主したブログ
Top
<   2012年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧
|
|
2012年 02月 27日 |
 舞台探訪第5話の最終回です。今回は、柑菜がパンダ傘を差しながら歩いているシーンを取り上げてみることにします。一時ネットで話題になりましたバス亭ですが、周辺住民の方々に配慮させていただく形といたします。また、柑菜宅に関しては、外観に関しては、節度を守った上での撮影が条件の下、可能になったので掲載いたします。なお、柑菜宅となった場所は車が頻繁に通る生活路故、路駐は厳禁です。

 いちご平バス亭へは、takaoka_bunbunさんのお車に同乗させていただき連れて行っていただきました。また、色々と御牧ヶ原台地を巡り、例のKFCに載っている場所なども行ってきました。あくまで、下見でしたが、今後登場する場合のいいイメージが持つことが出来ます。

※当ブログに載せている映像画像の著作権は全て、「© I*Chi*Ka/なつまち製作委員会」様に帰属します。

d0217090_1917457.jpg
d0217090_19165897.jpg
シーン1

d0217090_1917252.jpg
d0217090_1917180.jpg
シーン2

d0217090_191747.jpg
d0217090_19165932.jpg
d0217090_1917240.jpg
シーン3

ここら一体は、微妙な一致感です。道の登り感も無しで。

d0217090_1917394.jpg
d0217090_1917073.jpg
シーン4

こちらは、山心バス停。

d0217090_1935892.jpg
d0217090_19165973.jpg
シーン5

このバス亭は、本来の最有力であるバス亭ではございません。

いちご平という開けた場所にある所です。

d0217090_193577.jpg
d0217090_1917146.jpg
d0217090_19284727.jpg
シーン6

こちらも、いちご平バス亭です。御牧ヶ原台地にあり、周辺が開けた場所です。

次回は、第8話を。
[PR]
2012年 02月 27日 |
 少し時間が空きましたが、【懐古園内.5】に入ります。今回の懐古園内の場所は、黒門橋周辺。「紅葉谷」と書かれた木造の橋があり、そこでの作中撮影シーンを撮影してきました。要所に看板があるので、撮影時も判断材料として多様しましたが、所々「だいたい合っている」も。



※当ブログに載せている映像画像の著作権は全て、「© I*Chi*Ka/なつまち製作委員会」様に帰属します。

d0217090_182441100.jpg
d0217090_18243577.jpg
シーン1

d0217090_18244118.jpg
d0217090_18243659.jpg
シーン2

d0217090_18244571.jpg
d0217090_18243687.jpg
シーン3

d0217090_18244225.jpg
d0217090_18243760.jpg
シーン4

再考の余地が大いにありますね。でも、ここに座ってて、その石垣の形はない。

d0217090_182504.jpg
d0217090_18243754.jpg
シーン5

d0217090_18251535.jpg
d0217090_18243788.jpg
シーン6

d0217090_18252481.jpg
d0217090_18243842.jpg
シーン7

右側の石垣が難しいところです。

d0217090_18252720.jpg
d0217090_18243943.jpg
シーン8

d0217090_18253610.jpg
d0217090_18243980.jpg
シーン9

檸檬先輩、、、どこに座ってはるんや。。。

d0217090_18254779.jpg

d0217090_18244015.jpg
シーン10

あづまや。作中シーンに少し合わせてみました。

d0217090_18255678.jpg
d0217090_18244021.jpg
シーン11

こんな場所で着替えるなんて、ラ・ゾクにも負けないさらけ出し。

次回は、懐古園から離れて、139号線と例の場所を。
[PR]
2012年 02月 24日 |
 今回は、場所を移動して、懐古神社内となります。本来は、当記事に載せているシーン数より倍近い枚数のシーンがあるのですが、似たようなものは今回排除いたしました。また、シーンにあるようなベンチは無く、春頃から設置される?のか気になるところです。



※当ブログに載せている映像画像の著作権は全て、「© I*Chi*Ka/なつまち製作委員会」様に帰属します。

d0217090_22263567.jpg
d0217090_22261432.jpg
シーン1

d0217090_22263595.jpg
d0217090_22261429.jpg
シーン2

一致感が怪しい中、このお品書きだけが救いです。

d0217090_22263683.jpg
d0217090_22261423.jpg
シーン3

ベンチがあると無いとで、大きく違ってきますね。

d0217090_22263648.jpg
d0217090_22261530.jpg
シーン4

d0217090_22263755.jpg
d0217090_22261523.jpg
シーン5

d0217090_22263743.jpg
d0217090_2226165.jpg
シーン6

d0217090_22263822.jpg
d0217090_22261696.jpg
シーン7

ここに、いつかダイナマイトドリンクが、、、。

d0217090_22263812.jpg
d0217090_22261778.jpg
シーン8

 次回「懐古園.5」へ続く。
[PR]
2012年 02月 23日 |
 今回は、懐古園の黒門橋を渡った場所にスポットを当ててみます。今回の5話の中でも、中々合わない場所で、実際にあるべき物が、作中では消されているなど、仕方ない感漂う撮影になりました。今後、夏待ち巡礼で懐古園に訪れるだろう大勢の巡礼者。今後の懐古園での撮影時は、人が入ってしまうことも考慮しないといけないのだろうか。




※当ブログに載せている映像画像の著作権は全て、「© I*Chi*Ka/なつまち製作委員会」様に帰属します。

d0217090_22175650.jpg
d0217090_22103710.jpg
シーン1

d0217090_22104178.jpg
d0217090_22103864.jpg
シーン2

合わせが難しい。

d0217090_22104119.jpg
d0217090_22103889.jpg
シーン3

イチカの後ろに木が隠れております。

d0217090_22104294.jpg
d0217090_22103888.jpg
シーン4

後ろの黒門橋と柵だけが頼り。

d0217090_22104247.jpg
d0217090_22103917.jpg
シーン5

d0217090_22104316.jpg
d0217090_22104099.jpg
シーン6

大木を真ん中に添えなければならなかったですね。

d0217090_22104430.jpg
d0217090_2210391.jpg
シーン7

作中では石碑や木が消されています。

次回、「懐古園.4」に続く。
[PR]
2012年 02月 23日 |
 前回【懐古園内.1】の続きになります。さらに、撮影場所も前回と同じ場所。ここでの撮影の感想としては、石垣が作中と違い、高くないこと。一致させるにおいて、石垣の存在がこのスポットでは大きいわけですが、高さが無いので、撮影位置も必然的に下げざる終えなくなる上、所々に置かれている木材の案内板の高さが低いので、これまた態勢的に困難でした。




※当ブログに載せている映像画像の著作権は全て、「© I*Chi*Ka/なつまち製作委員会」様に帰属します。

d0217090_19103051.jpg
d0217090_1910251.jpg
シーン1

柑菜シーンは、撮影にも気合が入りますね。

d0217090_19103063.jpg
d0217090_19102680.jpg
シーン2

d0217090_19103149.jpg
d0217090_19102621.jpg
シーン3

ちょっと態勢的に辛かったです。

d0217090_19103117.jpg
d0217090_19102642.jpg
シーン4

こちら向けのシーンで、奥に黒門橋とお稲荷さんがあるのですが、作中シーンの映り具合は微妙ですね。

d0217090_1910329.jpg
d0217090_19102743.jpg
シーン5

柑菜シーンに妥協は許されない!はずだけど....

d0217090_19103299.jpg
d0217090_1910278.jpg
シーン6

d0217090_19105697.jpg
d0217090_19102897.jpg
シーン7

石垣の高さが実際には、そんなに無い。下からのアングルにすればいけるかもしれないです。

d0217090_1911336.jpg
d0217090_19102890.jpg
シーン8

右側の石垣の高さが極端に違います。作中で見たときは、こんな道あったか?と少し戸惑うほどに。

d0217090_1911983.jpg
d0217090_19102979.jpg
シーン9

とりあえず、2本の木を目印にしました。

次回、【懐古園内.3】に続く。
[PR]
2012年 02月 23日 |
 先日18日に撮影してきました。第5話の懐古園内のシーンは膨大なため、何部か分けての投稿にいたします。また、懐古園内の場所毎に分けていく予定です。最新8話予告では、なにやら、ついにアノ場所が登場するらしく、次回の遠征時に訪問できればと思っています。その次回遠征ですが、3月2週目の平日が濃厚です。京都での最速放送9話を視聴後翌日に直行できればと思っております。次回は2泊ぐらいするかもです。


※当ブログに載せている映像画像の著作権は全て、「© I*Chi*Ka/なつまち製作委員会」様に帰属します。

d0217090_0594316.jpg
d0217090_0581441.jpg
シーン1

入り口の三の門です。

d0217090_115338.jpg
d0217090_058154.jpg
シーン2

d0217090_123787.jpg
d0217090_0581525.jpg
シーン3

この場所の横に弓道場がある。実際に訪問時、弓道の練習をされている方を見かけました。

また、懐古園の桜祭が開催中に「上信越弓道大会」という桜祭時期にだけ開催される大会があるようです。

d0217090_155676.jpg
d0217090_0581615.jpg
シーン4

d0217090_162822.jpg
d0217090_0581656.jpg
シーン5

d0217090_171835.jpg
d0217090_0581720.jpg
シーン6

d0217090_175649.jpg
d0217090_0581737.jpg
シーン7

d0217090_1103249.jpg
d0217090_0581877.jpg
シーン8

d0217090_111834.jpg
d0217090_0581843.jpg
シーン9


次回「懐古園内.2」に続く。
[PR]
2012年 02月 20日 |
 今回、2月18日に訪れた小諸市ですが、当日は「お人形さんめぐり」という祭りが開催されており、ほんまち町屋館を中心に人で賑わっておりました。そんな中、夏待ち4話5話の探訪に来た訳ですが、もちろん祭りの写真もしっかりと撮影してきました。私のブログ自身、本来は地方の風景や祭事などの写真を載せるのがメインのはず?ですので、しっかりと載せて行きます。



d0217090_22251073.jpg
ほんまち町屋館になります。前回訪問時とは雰囲気が一変し、華やかな装い。

d0217090_22251091.jpg

d0217090_22251145.jpg

d0217090_22251221.jpg

d0217090_22251252.jpg
ほんまち町屋館では、OPシーンを撮影に来たつもりが、人形を長時間に渡り撮影。

d0217090_22251293.jpg
次は、夏待ちOPでも登場する光岳寺。

浄土宗のお寺で、この山門は、元小諸城の足柄門を移築したそうな。

私は、御朱印を全国各地で頂いてるので、いつかここでも頂こうかと。

d0217090_22251353.jpg
光岳寺の山門から見た北国街道。

OPでは、ここで撮影しているシーンがあることから、いずれ作中でも登場するのではないかと思います。

d0217090_22251457.jpg
こちらは、少し場所を移動して、懐古園内の懐古神社。

眠そうなぬこが、鎮座しております。

私も猫を飼っているので、どうすれば反応してくれるかある程度わかってますw

d0217090_22251419.jpg
2月18日付の噴水です。

まだまだ小さくなる気配はないかと思いきや、今日の小諸は暖かかったようですね。

これも、そろそろ見納め時でしょうか。

[PR]
2012年 02月 19日 |
 2月18日に日帰りで小諸に遠征した際に第4話シーンを撮影してきました。前回同様、天候はいいのですが、昨晩に降った雪が積もっており、気温も低い。京都市内の気温が若干春めいてきた所での小諸遠征だったので、気温差をより強く感じましたね。今回も京都駅発の夜行バスで更埴インター下車し、最寄の屋代高校前駅からしなの鉄道に乗車です。また、日帰りでの遠征で、軽井沢駅にも寄る事から、しなの鉄道から郵送にてフリー切符を送ってもらいました。

※当ブログに載せている映像画像の著作権は全て、「© I*Chi*Ka/なつまち製作委員会」様に帰属します。

d0217090_19544763.jpg
d0217090_1951826.jpg
シーン1(しなの鉄道・軽井沢駅)

ミラー部分で合わせてもよかったのですが、そうすると車両が写らなくなるという・・・。

d0217090_2012521.jpg

d0217090_1953127.jpg
シーン2(軽井沢プリンスショッピングプラザ・ニューイースト)

前回第3話同様の場所になります。ただ、今回は入っている店舗が違う。

店が開く前に撮影してきましたが、暴風と地面が凍結しており、行かれる方はご注意を。

d0217090_2051259.jpg

d0217090_1953913.jpg
シーン3(ニューイースト・西出入り口)

実際には、GAPが店舗として入っている場所だと思います。

d0217090_20542963.jpg
d0217090_195408.jpg
シーン4(ニューイースト・西出入り口)

GAPのお隣は、バーバリーです。ここら辺の撮影は、大体合ってる気がします。

d0217090_201641.jpg
d0217090_1952923.jpg
シーン5(139号線)

ポイントとしては、電線がW字に緩んでいるポイント。

139号線に出てくる電線W字がある位置が、夏待ちで登場する大半の位置になります。

d0217090_20211494.jpg
d0217090_1952957.jpg
シーン6(139号線)

ちょいピンぼけ気味ですが、何となくです。だいたい合ってるでいいんじゃないでしょうか。

139号線がこんなに曲がっているなんて・・・。

d0217090_20252714.jpg
d0217090_1953077.jpg
シーン7(139号線)

電線W字を目安に撮影してもいいのですが、個人的には、背景を少しだけでも合わせたかったのですが。

このエリアの撮影は、だいたい合ってるでいいかと思いますw。

写真奥に薄っすらと見える山は、八ヶ岳連峰です。最北部の蓼科山?かな。

d0217090_20323356.jpg
d0217090_1953070.jpg
シーン8(139号線)

ちょっと、撮影がだらしない感じになってますが、奥のコーナーと電柱辺りが目安ですかね。

この撮影時、何故か暴風でレンタサイクルもガンガンに倒されて、カメラも少しブレるという・・・。

d0217090_20361872.jpg
d0217090_1954664.jpg
シーン9(139号線)

本来ならカメラを地面においての撮影が成功に近いと言えると思います。

道の柵の位置が、歩道の車道側に設置されているように見える。

d0217090_2042260.jpg
d0217090_195533.jpg
シーン10(139号線)

このシーンの背景具合は一致にはほど遠いですが、合わせ易い小道と電柱がポイント。

d0217090_20461773.jpg
d0217090_1955368.jpg
シーン11(139号線)

後ろの電柱がポイントでしょうか。ここもだいたい合ってるだと思います。

d0217090_20555026.jpg
d0217090_1955416.jpg
シーン12(139号線)

背景の山を何となく合わせてみました。ここは、個人の好み次第です。

次回は、第5話を。
[PR]
2012年 02月 16日 |


※当ブログに載せている映像画像の著作権は全て、「© I*Chi*Ka/なつまち製作委員会」様に帰属します。

d0217090_23512593.jpg

d0217090_23512942.jpg

夏待ち5話の懐古園シーンで登場した「あづまや」。

懐古園奥まで進むと馬場にある「あづまや」。

花見や紅葉時には、いい場所だなぁと実感します。

今は、ここに座ろうという人はいないと思いますが。

 
[PR]
2012年 02月 10日 |
昨夏に小諸懐古園に訪れた際に撮影した動画になります。

撮影場所は、水の手展望台。

夏待ちで、海人が撮影していた場所です。



この夏が待ってる。

[PR]