acqua alta

京都発の「旅」「舞台探訪」「写真」を主したブログ
Top
<   2011年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧
|
|
2011年 08月 28日 |


今日は、朝から白川のマックに行って、朝食を食べ、友人と欧州CLの激論。

で、ドラッグストア等で買い物。

その後に、帰宅。

家では、昨晩録画したヱヴァンゲリヲン新劇場版:QのCMカット編集。

そして、視聴。

予告編のアスカを観て、再度泣く。

「破」を劇場で観た時は、「なんでや!絶対に許さん、絶対にや。」

と心の中で叫び、心は号泣してましたよ。

それ以降、BDを買っても、3号機からのシーンは飛ばして観ないという・・・w

そのトラウマは少しでも払拭できた予告だったのではないかと。


[PR]
2011年 08月 26日 |



来年秋ということは、春先ぐらいから前売り券が発売されるということですな。

もちろん前売り券も買うけど、ネット予約で席を即座に確保する予定。

前回の「破」のように席が端になるのだけは避けたい。

とりあえず、アスカ元気で最高に号泣。

アスカ元気で大感動!

いやぁ、アスカ元気だった。

よかった。

[PR]
2011年 08月 22日 |







11月に開催される竹原イベント。

参加は、既に大広苑を予約したので決定。

まぁ、何とかしてチケットは取れればいいかなと思います。

イベントと同時進行で行われるのが「聖地巡礼」。

竹原だけでは収まらないエリアにまで拡大する可能性があります。

OVAでも、とびしま海道にまでエリアが拡大しましたし。

たまゆらフェリーが就航している、大崎上島なんかも出てきそう。

また、うさぎ島である大久野島なんかも、作品に取り入れやすそう。

まさかの広島市内ということも、物語のキャラの成長上、ありえそう。

ということで、たまゆら竹原イベント時には、聖地巡礼も大いに時間をかけると思います。

2日間のイベントということで、もしかしたら時間が足りない的な現象も覚悟。

できれば、できれば21日に休みを入れて、3連休で挑みたい(笑。

[PR]
2011年 08月 19日 |

鬼押し出しに初めて訪れてきました。

そう考えると、上田にしろ鬼押し出しにしろ、軽井沢から遠出し過ぎた感もあります。

d0217090_23185325.jpg

軽井沢駅からバスで40分強ぐらい。

浅間山が一望でき、北軽井沢の絶景に感動。

d0217090_2319067.jpg

標高が高い割には気温は高め。

おそらく、日差しが強いせいかと。

d0217090_2319718.jpg

ホテルグリーンプラザ軽井沢&おもちゃ王国。

この森一色に染まる風景に唖然とした。

そこにポツンと見える建物が、そのような思いにさせる。

帰りは峰の茶屋で下車し、白糸の滝まで歩き、そこからバスで旧軽へ。

d0217090_23191799.jpg

旧軽でぶらつき、別荘地を歩いて宿へ帰宅。

[PR]
2011年 08月 18日 |

10日に発売された「海街diary」の4巻。

書店でも大人気だそうです。

先日訪れた鎌倉で、「海街diary」4巻の聖地巡礼をしてきました。

といっても、さほど本格的な感じではなく、まったり感がありますが。

d0217090_22495049.jpg

d0217090_2235559.jpg

こちらは、江ノ島の裏側。

橋からボートで行きましたw。

d0217090_22335518.jpg

d0217090_22353633.jpg

こちらは、定番の高徳院の大仏さま。

鎌倉に来て、高徳院に行くと観光感が増す。

d0217090_22341916.jpg

d0217090_22354683.jpg

このお寺は、外国の人が物凄く多い。

鎌倉には、他にもいい寺がたくさんあります。

d0217090_22342865.jpg

d0217090_22351329.jpg

これも、なかなか。

江ノ島を下りながら、探していたところ発見。

d0217090_22344611.jpg

こちらは、豊島鳩サブレーの横の路地にある「鎌倉キネマ堂」。

なぜここに来たかというと、「しらすトースト」をいただけるから。

そう、「海街diary」4巻に登場した「しらすトースト」。

マスターに鎌倉では、ここでしか食べれないのか質問したところ、「そうです」という回答。

味はとても美味しかった。

d0217090_22355497.jpg

関西弁で話しかけたので、常連客とマスターが少し驚かれたw

京都から来たというと、女性客が「あ~京都弁ね~」と。

「海街diaryという作品にしらすトーストが登場して、ネットで調べたら、ここでしか食べられない」

ということで、来た事を告げましたw。



[PR]
2011年 08月 16日 |

先週土曜日に訪れた鎌倉。

その目当てというのが原画展と、その作品の舞台巡りです。

d0217090_2326154.jpg

江ノ島駅から江ノ島へ向かう途中にあります。

d0217090_2326858.jpg

原画展では、このポスターを頂きました!

原画を熱心に見ていると、店の人が熱心なファンの方にプレゼントしてます。

ということで頂きました。そりゃ、わざわざ京都から見に来てるんだもの。

※店内写真撮影は、許可を得ています。

d0217090_23261676.jpg

d0217090_23262345.jpg

d0217090_23263433.jpg

d0217090_23264646.jpg

ポスターを頂いた後は、4巻の舞台探しの始まりです。

ただ、残念なことに4巻表紙の鶴岡八幡宮には行き忘れてしまうというミスをしましたw。

では、次回。

[PR]
2011年 08月 11日 |

8月5日に中軽井沢のブレストンコート内にある軽井沢高原教会で行われたイベント。

昨夏に続き鑑賞できて、嬉しいです。

軽井沢駅から無料シャトルバスが出ているので、私も毎日のように利用しておりました。

d0217090_2121476.jpg

d0217090_2122391.jpg

d0217090_2123180.jpg

ここはハルニレテラス。

09年にOPENしたんだったかな。

軽井沢滞在中、毎日来たところ。

d0217090_213664.jpg

ハンドベルコンサート開始直前。

森の中で繰り広げられる幻想的な音色。

日常の喧騒を忘れさせてくれます。

d0217090_2124572.jpg

d0217090_2123871.jpg

d0217090_2125236.jpg

d0217090_2125969.jpg

素晴らしいキャンドル。

教会でキャンドルを灯して、二人の永遠を誓い合います。

私も、IPHONEとカメラに永遠の誓いを願いましたよ。

自然溢れるこの地で、この幻想的な空間は、反則ですw





[PR]
2011年 08月 10日 |

4日に上田上陸で一泊。

翌5日に軽井沢上陸。

6日午後に再度上田に上陸ですw

目的は、「上田七夕まつり」と「信州上田大花火大会」。

d0217090_20543587.jpg

上田駅から真っ直ぐ北に進んだところにある海野商店街。

そこで開催されているのが「上田七夕まつり」

基本的には、子供向けという感じで、小さな子がはしゃいでおりました。

d0217090_20544181.jpg

d0217090_20544731.jpg

d0217090_20545482.jpg

d0217090_2055520.jpg

16時にアリオ上田で昼食を食べて、いざ花火大会の陣取り!

d0217090_20551274.jpg

と思いきや、この後豪雨。

17時過ぎまで、用意していた雨対策で凌いでいたのですが、電子機器を幾つも持っている故、断念。

鎌倉の梅雨対策で購入した大きな折りたたみ傘、ザックカバー、一眼レフ用レインカバーを備えていたものの、対応できず。

この悔しさは忘れないですね。

必ずやリベンジということで、信州上田大花火大会は必ずや見に行く!!

来年のカレンダーを見て、内田先生のサイン会とセットで行くよ!!!



本当なら、私も動画を撮る予定だったんだ。。。


[PR]
2011年 08月 10日 |

信州上田。

本当なら、3月11日に訪れる予定でした。

d0217090_20293091.jpg

上田城跡です。

昨夏にも訪れている地なのですが、当時は体調不良の中の強行だったので、今回は力が入ってます。



京都に比べると湿度が低い分、マシですが、やはり暑い上田。

たまらず、隣接している観光会館に逃げ込んでしまいますw

d0217090_20292315.jpg

d0217090_20291513.jpg


観光会館では、無料でそば茶をいただけたり、サマーウォーズ関連の情報が手に入ります。

SW関連の仲間も訪れてくるケースが高いので、情報交換なども面白いです。

観光課の方に、花火大会の穴場スポットをしつこく聞きましたが、やはり無いとのこと。

[PR]
2011年 08月 09日 |

今回の目玉の一つであった、信州上田。

そして、サマーウォーズの舞台になっている砥石米山城。
d0217090_20262234.jpg

こちらは、伊勢山バス停。

周辺には郵便局があり、道を下るとセブイレがあります。
d0217090_20262875.jpg

嬉しい弾幕。

来た甲斐があります。

d0217090_20263614.jpg

真田家の匂いがぷんぷんしてきます。
d0217090_20264393.jpg

上田市一望。

ここに来るには、結構な疲れ具合を覚悟しないといけない。

後、限りなく両手が使える状況と、水分等の準備は必須。

それと、怪我すると思えば、止めた方がいいレベルです。


[PR]