投稿キャンペーン

acqua alta

京都発の「旅」「舞台探訪」「写真」を主したブログ
カテゴリ:舞台探訪:坂道のアポロン
|
  • 舞台探訪:坂道のアポロン【第4話】 -島瀬公園&夜店公園-
    [ 2012-05-21 20:12 ]
  • 舞台探訪:坂道のアポロン【第3話】-佐世保市民会館&眼鏡岩-
    [ 2012-05-19 13:23 ]
  • 舞台探訪:坂道のアポロン【第2話】-西海パールシーリゾート周辺-
    [ 2012-05-18 23:14 ]
  • 舞台探訪:坂道のアポロン【第2話】-亀山八幡宮&三浦町カトリック教会-
    [ 2012-05-17 21:02 ]
  • 舞台探訪:坂道のアポロン【第1話】
    [ 2012-05-16 20:42 ]
  • 舞台探訪:坂道のアポロン【OPシーン】
    [ 2012-05-16 16:03 ]
  • Bill Evans -Some Day My Prince Will Come-
    [ 2012-05-07 22:13 ]
|
2012年 05月 21日 |
 今回は第4話の公園を取り上げて見ます。物語のキーポイントとなり動き出した舞台は、三ヶ町商店街と四ヶ町商店街の間にある島瀬商店街だとある程度推測しています。公園付近にはバス亭や定期券売り場などが設置されており、人の往来もそれなりに多い場所です。撮影時は朝方でしたが、夕方などになると撮影はちょっと辛いかもしれません。

※当ブログに載せている映像画像の著作権は全て、「©小玉ユキ・小学館/「坂道のアポロン」製作委員会」様に帰属します。


写真は三ヶ町商店街を撮影してみました。



ボンとりっちゃんが、千のプレゼントを購入した場所は、ほぼこちらのお店だと思います。


商店街内に数件楽器店などがあったので、やはり音楽は盛んな気がしました。



公園手前の交差点となるとここになりますが、現在はスタバになっております。



公園入り口



公園手前で撮影しました。



ここの島瀬公園写真は、雰囲気でご覧ください。



方角的には合っているような気がしますが・・・。



電話ボックスがあります。



ちなみに、電話ボックスの向こう側にも公園があります。



全く合っていませんが、島瀬公園の全体を雰囲気でも見ていただければ。



こちらは、夜店公園?ではないかと推測し撮影してみました。



千が叩いている街灯のデザインは違いました。



こちらの公園には、ベンチがあり、親子連れで休んでおられる人も。



街灯のデザインも近い気がします。

 今回のアポロン探訪写真は以上になります。探訪としては十分な要素を含んでいますが、時代背景が大幅に違うので、場所によっては雰囲気すら合わないことも。時代の変わり具合を比べながらの探訪になるのではないかと思います。

 確定できないOPでバスが走るシーンはおそらく、天神町周辺、、、。OPで岩から海を眺めるシーンは、おそらく九十九島の何処かから・・・。九十九島には上陸できる島があるようなので、もしかしたらそこかもしれないですね。あと、原作を読まれている方は最終巻で登場する場所を御存知だと思います。勿論、私も行く予定でいましたが、佐世保バーガーに夢中になり、行くのを忘れてしまうという失態を・・・。これも旅の醍醐味と捕らえておきたいところですが、後々後悔しそうです。
■  [PR]
2012年 05月 19日 |
 今回は、第3話を特集。俗に言うダブルデートで向かった眼鏡岩にスポットを当ててみます。眼鏡岩となった由来として、昔、この地帯が海だったようで、その際に波の浸食により大きな穴が開いたと推測されているようです。また、弘法大師がこの眼鏡岩を見て千手観音像と梵字を彫ったようで、その跡は微かながらも現在残っているとのこと。かつては、佐世保の中でも有名な景勝地だったそうです

※当ブログに載せている映像画像の著作権は全て、「©小玉ユキ・小学館/「坂道のアポロン」製作委員会」様に帰属します。


整備されていますが、三ヶ町商店街の入り口になります。

繋がっている四ヶ町商店街と合わせると、日本一の長さだそうです。



佐世保市民会館になります。

シーン通りの撮影は可能でしたが、撮影スポットには一応立ち入れないようにガードが置かれていました。

長く探訪するにおいて、細かなことでもダメなエリアに入るのはダメと認識を持って撮影しております。



市民会館の出入り口になります。



市民会館の出入り口。



こちらが、眼鏡岩へ向かう階段になります。

ちなみに、眼鏡岩へは、佐世保駅前でレンタサイクルを借りて行ってきました。



眼鏡岩に関しても、しっかりと整備されています。



撮影時、雨が降っていて人がいなかったのか、それとも普段からそうなのか、気になります。



こちらが眼鏡岩です。



風が強くて困難な撮影でしたw



眼鏡岩下の階段などは微妙に合っていません。



作中では、縁結びが何とかと、出てましたね。



この上は登れるかは、未確認です。



周辺にはしっかりとした屋根とベンチがありますので、休憩される際は、そちらをw。



ボンのりっちゃんへの想いは何処に向かうのでしょうか。



ここでご飯を食べるのは、微妙に大変そうな。

次回は第4話を。

■  [PR]
2012年 05月 18日 |
 今回の第2話は、ボンとりっちゃん図書館で勉強するつもりが、いつの間にか千太郎と海に遊びに来ていたシーンを取り上げて見ます。こちらの舞台は、佐世保市の鹿子前町にある九十九島水族館周辺になります。交通手段としては、佐世保市営バスで駅前から出ています。観光地へ向かうバスなので、本数もしっかりしております。バス乗車途中、佐世保重工業のドックを車窓から見ることができ、物凄い迫力です。

※当ブログに載せている映像画像の著作権は全て、「©小玉ユキ・小学館/「坂道のアポロン」製作委員会」様に帰属します。


実際の鹿子前桟橋のバス停は、西海パールシーリゾートに変わっておりました。


九十九島の遊覧船です。ここが、本来の鹿子前桟橋になります。


九十九島の遊覧船に乗り、似通った風景を探しましたが、予想通り結果は芳しくないです。


珍しい岩です。特に一致はしてませんがw。


こちらは、鹿子前海水浴場になります。


観光客もちらほら、地元の母子さんたちがピクニックに来られてました。


だいたい一致できます。


小さなプライベートビーチのような感覚でした。


後ろに見える建物はありませんでしたが、小さな展望台が整備されてました。


背景は恵比寿神社になります。神社内は虫が盛り沢山でした。フナムシもw


展望台からの景色になります。

次回は、第3話を。

■  [PR]
2012年 05月 17日 |
 今回は、第2話に登場する亀山八幡宮と三浦町カトリック教会でのシーンを取り上げてみます。亀山八幡宮は、軍港佐世保においての守り神として鎮座していた神社で、1945年に空襲で社殿を焼失し、1964年に鉄筋コンクリートで再建されたそうです。そして、三浦町カトリック教会は、1945年の空襲に備えて、白い壁にコールタールの黒一色に塗り替え、空襲を免れたという歴史が残された教会です。

※当ブログに載せている映像画像の著作権は全て、「©小玉ユキ・小学館/「坂道のアポロン」製作委員会」様に帰属します。


作中との一致度に関しては、あまり期待できるものではありませんでした。

あくまで雰囲気の一致、この神社で作中のシーンが行われたと感じるぐらいですね。


実際に通学路の一部として使われているという感じはしませんでした。


作中にある社務所的な建物や井戸などはありませんでした。


学校の坂道を上に登っていくと、ここにたどり着きます。

見事に一致いたしました。この先を行くと、佐世保市民会館に行く事が出来ます。


三浦町カトリック教会。

外観は撮影できます。内部に関しては拝観できますが、撮影禁止です。


1960年代と現在とを比較できる一枚です。

教会を手前に佐世保港を見ることはできません。


教会の入り口付近になります。

拝観の際は、正面入り口から入るのではなく、正面右側に裏口のような玄関があるので、そこから拝観できます。


こちらが、拝観ようの入り口になります。


教会横の建物が違うだけで、教会自体はそのままです。


内部を撮影できませんでしたが、作中と同じデザインのステンドグラスです。

内部も作中の雰囲気そのままの、落ち着きのあるものでした。


教会横にある像。

ここに千太郎が草の中に隠れていただなんて、無理にもほどがありますw

次回は、第2話の九十九島方面を。

■  [PR]
2012年 05月 16日 |
 今回は第1話を取り上げてみます。横須賀からの転校生・西見薫が通うことになった高校は、佐世保市の佐世保北高をモデルにされております。高校の横には、作品タイトルにもなった急な坂道があり、撮影時にも学生の姿を見かけ、実際に通学路として使われております。夏場に毎日この坂道を登るとなると、億劫極まりませんね。

※当ブログに載せている映像画像の著作権は全て、「©小玉ユキ・小学館/「坂道のアポロン」製作委員会」様に帰属します。

シーン1
佐世保市役所前にある交差点を登っていきます。

バスの利便性が高いので、市役所前のバス亭が最寄になります。

シーン2
こちらは、佐世保市役所13階の展望フロアからの撮影になります。


 市役所で撮影成功出来た経緯としては、最初、清水町か福田町の高台からの風景だと思い小道を歩いていましたら、写真のようにどこから撮影しても市役所がベストポジションに陣取っており上手く撮影できず、いっそのこと市役所から撮影できないかと、ダメ元で受付の方に聞いたら13階が展望フロアで出入りできるということで、ミッション成功しました。

シーン3
こちらは、北高の北側にある高台からの撮影。

これ以上、上からの撮影は難しかったので、校舎改築ということにしておきます。

シーン4
シーンのように高い場所から撮影できる場所が、おそらく周辺にあるホテルぐらいだと思います。

これは、松浦鉄道の高架です。

シーン5
こちらのシーンは、昔の校舎なら一致できたのでしょうか。

ネットには、改築前の校舎の写真が掲載されていましたが。

シーン6
ボンは、何気にやる奴ですw

シーン7
この坂道の周辺には、第2話で登場した八幡宮があり、それは次回の記事で。

黒島天主堂に行っておくべきだったと、後悔してますw

■  [PR]
2012年 05月 16日 |
 休みを利用して、長崎県佐世保市に行ってきました。「坂道のアポロン」の舞台として十分に探訪で要素がありますし、観光目線からも楽しめました。登場するシーンは、佐世保市の観光エリアが多々登場しております。60年代の街の風景であれど、何となく雰囲気で一致できるクオリティでした。

 佐世保市内を巡るにおいて、オススメなのが市営バス1日乗車券500円。佐世保は言わずと知れた坂の街ですので、バスが細かく地域に行き渡っています。アポロン巡礼をするにおいて、九十九島水族館まで一日乗車券で行けますので、一日乗車券500円分の元は取れると思います。


※当ブログに載せている映像画像の著作権は全て、「©小玉ユキ・小学館/「坂道のアポロン」製作委員会」様に帰属します。

シーン1
亀山八幡宮。柵が新しく整備されていたり、奥の佐世保市役所が大きく立て替えられていました。

シーン2
九十九島の恵比寿神社の裏から撮影してみました。高さは足りないですが。

シーン3
作品のタイトルにもなった坂道です。通学路として実際に使われております。

シーン4
毎朝この坂道を登って、通学するのは億劫です。

シーン5
何となく雰囲気で合わせて見ましたが、実際には見つけられず。


方角的にはこちらになりますが、道路からの風景でこのようなのは発見出来ず。

シーン6
九十九島の遊覧船から撮影。大体雰囲気的に推測してみました。

公式HP:http://www.noitamina-apollon.com/

各スポットの詳細は次回以降に。

■  [PR]
2012年 05月 07日 |


Bill Evansの「いつか王子様が」。

坂道のアポロンでも使われた曲です。

作中では、薫がりっちゃんに告白をする時に使った曲でもありますね。

Bill Evansに駄作は無いと言われているようですね。

全てを聞いたわけじゃないですが、メロディを聞いていると、そうだろうなぁと実感します。

■  [PR]
XML | ATOM

skin by excite
Simple Left Black Skin by Sun&Moon