acqua alta

京都発の「旅」「舞台探訪」「写真」を主したブログ
Top
カテゴリ:舞台探訪:あの夏で待ってる( 37 )
|
|
2014年 08月 30日 |
 先日のPVカットに続き8月29日発売のBlu-ray Boxに付いてくるOVA「あの夏で待ってる 特別編」の新規カットを回収してきました。舞台はもちろん「信州小諸」です。今回は最速カット回収を目指して、フラゲ日に小諸入りです。小諸への道中は岐阜のアルさんに同乗させていただき、木崎湖経由で向かいました。フラゲ日に行ったものの、カットの情報が全くない中、小諸勢の方々に色々と情報を提供していただき回収できたことを、こんな偏狭の地ですがお礼申し上げます。


当ページの画像は比較研究で引用しております。作品の著作権は© I*Chi*Ka/なつまち製作委員会様に帰属します。

d0217090_22095689.jpg
小諸市街地
d0217090_22100044.jpg
安藤百福記念 自然体験活動指導者養成センター

d0217090_22124290.jpg
OP:しなの鉄道高架下
d0217090_22124217.jpg
OP:しなの鉄道高架下
d0217090_22124215.jpg
OP:学校前交差点
d0217090_22124283.jpg
OP:相生町交差点
d0217090_22140307.jpg
OP:自家焙煎珈琲こもろさん
d0217090_22140314.jpg
OP:自家焙煎珈琲こもろさん
d0217090_22140378.jpg
OP:自家焙煎珈琲こもろさん
d0217090_22140321.jpg
OP:懐古園
d0217090_22145613.jpg
OP:懐古園
d0217090_22145657.jpg
OP:懐古園
d0217090_22145663.jpg
OP:懐古園
d0217090_22145693.jpg
小諸駅
d0217090_22181494.jpg
小諸駅
d0217090_22181485.jpg
小諸駅
d0217090_22181491.jpg
北国街道沿い
d0217090_22181480.jpg
北国街道沿い
d0217090_22184475.jpg
安藤百福記念 自然体験活動指導者養成センター
小諸ツリーハウスプロジェクト
受付時間 9:00~17:00
※ツリーハウスを見学の際は受付にて登録が必要です。
d0217090_22184441.jpg
ED:小諸ツリーハウス
d0217090_22184451.jpg
ED:小諸ツリーハウス
d0217090_22184415.jpg
ED:小諸ツリーハウス


まだ見たことのない小諸を見ることができて素晴らしく新鮮で何処か懐かしい。
小諸でまた、探訪に夢中になれたことに幸せを感じます!
また、あの夏で待ってる!

[PR]
2014年 07月 13日 |
 今週末、蒸し照らす暑い苦しい京都を脱出し、市民祭りが行われる信州小諸へ足を運んできました。昨年から始まった小諸市民祭り「なつまち神輿」ですが、残念ながら今回が見納めということで、何とか見たい!と思い立った次第です。先日に起きたJR中央西線での災害で不通になったこともあり、高速バスの需要が高まったせいか、バスの確保にかなり苦労しました。早々の復興と共に、従来通りの素晴らしい車窓の見える路線が戻ってくることを祈っております。
 
 今回は祭りを見に行くだけが目的ではなく、先日公開された「OVAあの夏で待ってる 特別編」のPVに登場したカット回収も行ってきました。8月29日に発売されるBlu-ray BoxにOVAが収録されており、新しく登場するシーンに期待が高まります。今回のPVでは新規カットは少なかったのですが、発売当日は小諸で撮影を行いと考えております。



※当ブログに載せている映像画像の著作権は全て、「© I*Chi*Ka/なつまち製作委員会」様に帰属します。
d0217090_17183519.png
国道139号線にある海人の通学路。
139号線では完全一致はできません。
d0217090_17184997.png
国道139号線から農道を西に入ったところにあります。
d0217090_17183649.png
なつまち新規カット。芦原中の交差点で撮影できます。
よく観ると、看板に「Komoro city,,,」と記入されており、感動しました。

8月29日に発売されるOVAにはおそらく新規シーンが幾多に登場すると思います。
その際に、またお邪魔して撮影して回りたいと思います。
d0217090_17295234.jpg
国道139号線
d0217090_17295668.jpg
JR小海線乙女駅前
d0217090_17300348.jpg
JR小海線乙女駅ホーム
d0217090_17312308.jpg
しなの鉄道小諸駅
d0217090_17312393.jpg
小諸主屋本陣なつまちサロン前
d0217090_17312342.jpg
なつまち神輿
d0217090_17312302.jpg
なつまち神輿・練習風景
d0217090_17312341.jpg
一般の方々、他の神輿の方々から拍手を受ける、なつまち連。
d0217090_17312316.jpg
気温高まる小諸。アトゥイ!
d0217090_17312314.jpg
祭りは夕方から夜になるほど盛り上がる!
が、私は珈琲こもろさんでアイス珈琲を満喫し、そば7さんでビールの肴で大満喫。
夜の神輿の写真は撮影できませんでしたw

次回の小諸ドカンショは参加します!

小諸市民まつり「なつまち連」http://www.komoronop.org/#!festival/c9s7
小諸市観光協会・市民まつりhttp://www.kanko.komoro.org/event/07-00mikoshi/

[PR]
2012年 05月 01日 |
 第12話はこのまま木崎湖が持って行くのかと思いきや、しっかりと小諸へカムバックしてくれました。小諸で息づく夏待ちのキャラクター達をより強く実感した気がします。東信が以前から好きでちょくちょく来ていたことを理由に始めた夏待ち探訪ですが、今回が一応最後の探訪記事です。この作品の本当の舞台は、夏の小諸。今年の夏は、小諸市の方々が夏待ちファンを最大限に歓迎してくださると思います。

※当ブログに載せている映像画像の著作権は全て、「© I*Chi*Ka/なつまち製作委員会」様に帰属します。

d0217090_21243696.jpg
d0217090_2124339.jpg
シーン1
こちらの庭は、菖蒲庵という蕎麦屋さんお裏庭からの景色になります。

一応、撮影時にお店の方に許可を得て撮影させていただきました。

あと、こちらの蕎麦も大変おいしいので、是非お寄りください。

参考URL:http://arosa2004.dyndns.org/shoubu-an/

d0217090_21243776.jpg
d0217090_21243416.jpg
シーン2
骨董屋さんです。

d0217090_2124373.jpg
d0217090_2124346.jpg
シーン3
閉まっていたのが残念。

d0217090_21243851.jpg
d0217090_21243543.jpg
シーン4
つるやホテルの近くから撮影しました。逆光で辛かったです。

d0217090_21243845.jpg
d0217090_21243534.jpg
シーン5
青い子が報われる日は何時来るのやら・・・。

d0217090_212439100.jpg
シーン6
d0217090_21243681.jpg

あの夏で待ってる


当探訪をキッカケに小諸を詳しく知る事ができましたし、

遠征の中で現地の方々やファンの方々と交流する事も出来ました。

今後も定期的に小諸に訪れることになると思います。

一番の思い出というか記憶は、1月末の小諸探訪ですね。

小山田いく先生ファンの方々と宿で色々と交流できた点と、

現地在住のatohiroさんに海人の家に連れて行ってもらったことですね。

[PR]
2012年 05月 01日 |
 夏待ち探訪も最終話です。今回は、クライマックスを迎えた地、木崎湖を取り上げてみます。京都からは、松本バスターミナル行の夜行バスに乗り松本駅へ。そこから、大糸線で信濃大町駅へ。ここから上へ行くには乗り継ぎが悪かったので、観光協会にて無料のレンタサイクルを借ります。信濃大町から木崎湖方面へは、微々な登り坂なので、街中での感覚と同じです。途中に北大町駅、ローソンと寄り、木崎湖キャンプ場を経由して、稲尾駅、海ノ口駅と回りました。信濃大町駅から木崎湖キャンプ場までゆっくり巡っても40分ぐらいなので、景色も含めてお勧めします。実際に、信濃大町駅からレンタサイクルで木崎湖を回られる方は多いようです。

※当ブログに載せている映像画像の著作権は全て、「© I*Chi*Ka/なつまち製作委員会」様に帰属します。

d0217090_20363215.jpg
d0217090_203626100.jpg
シーン1
北大町駅にて。

d0217090_20363258.jpg
d0217090_20362631.jpg
シーン2
148号線を走り、途中に似通った風景があったので撮影。

d0217090_20363331.jpg
d0217090_20362773.jpg
シーン3
おそらく稲尾駅付近だと思いますが、、、。海ノ口のような気もしてきた。

d0217090_20363384.jpg
d0217090_20362732.jpg
シーン4
海ノ口駅にて。

d0217090_20365990.jpg
d0217090_20362830.jpg
シーン5
海ノ口駅近くにあるバス亭から撮影しました。

d0217090_20371062.jpg
d0217090_20362848.jpg
シーン6
木崎湖キャンプ場から撮影。撮影時は、一応キャンプ場の管理の方に許可をいただきましょう。

d0217090_20371945.jpg
d0217090_20362933.jpg
シーン7
あまり必要ないかもしれないですが、一応載せます。

d0217090_20372838.jpg
d0217090_20362968.jpg
シーン8
だいたい、こちらの方角でいいと思いますが。

d0217090_20373429.jpg
d0217090_20363054.jpg
シーン9
木崎湖の桟橋が新しいものに変わっていました。

キャンプ場の売店で店番をされていた学生の女の子に聞くと、GWから本格的にシーズンインするとか。

また、ファンの方々が色々と関係あるものや無いものまでグッズを置いていくので、店内は盛り沢山でした。

こちらでは、おねティ酒を購入。

d0217090_20374668.jpg
d0217090_20363045.jpg
シーン10
駅前の道路は交通量が多く、スピードを出しているので注意です。

d0217090_20375673.jpg
d0217090_20363186.jpg
シーン11
駅内には、おねティ関連のノートが設置されていました。

d0217090_20382972.jpg
d0217090_20363161.jpg
シーン12
縁川商店にお昼で寄った時、地元の方と聖地巡礼の事や夏待ちの事などを熱く語らせていただきましたw。

住んでいる近所のびわ湖と違い、手の届く感覚で湖を見渡せるので、愛着を持てそうな気がしました。

今度は、もっと時間をかけて木崎湖を巡ってみたいですね。

サイクリングにも適していると思います。

次回は、夏待ち探訪最終記事に!?

[PR]
2012年 05月 01日 |
 第9話に登場した御牧ヶ原にある「みまき大池」に行って参りました。天気良好で、軽井沢の離山まで見える絶景。現場作業の車両も何台かありましたが、撮影可能ということです。遠征時に2回訪れましたが、痛車が何台か止まっていましたね。神奈川県ナンバーと大阪方面のナンバー。そういえば、先週末に京都市からも巡礼者が来ていたようですね。

※当ブログに載せている映像画像の著作権は全て、「© I*Chi*Ka/なつまち製作委員会」様に帰属します。

d0217090_943631.jpg
d0217090_9434100.jpg
シーン1

d0217090_943613.jpg
d0217090_943412.jpg
シーン2

d0217090_94355.jpg
d0217090_943367.jpg
d0217090_943380.jpg
シーン3

d0217090_943799.jpg

作中とは違い、人口池として整備されています。

d0217090_943771.jpg

奥には、軽井沢の離山。

次回へ続く。
[PR]
2012年 04月 30日 |
 第11話の今回の舞台は、懐古園。本来なら11話といえば、逃走するシーンが諸々になると思いますが、道路を把握するより、懐古園をじっくりと撮影する時間に回した方がいいと判断(どこの道かも怪しいし)。今回は、懐古園内ということで、さほど見新しい風景はありませんが、夏待ちで代表する場所と言えば懐古園ですから、スルーするわけにはいきません。

※当ブログに載せている映像画像の著作権は全て、「© I*Chi*Ka/なつまち製作委員会」様に帰属します。

d0217090_23195141.jpg
d0217090_23194799.jpg
シーン1
ついにベンチが設置。

d0217090_23195295.jpg
d0217090_2319475.jpg
シーン2

d0217090_23195285.jpg
d0217090_23194881.jpg
シーン3

d0217090_23195359.jpg
d0217090_23194898.jpg
シーン4
こちらは、水の手展望台。

d0217090_2319533.jpg
d0217090_23194974.jpg
シーン5

d0217090_23195469.jpg
d0217090_23194980.jpg
シーン6
真冬の小諸に来て、ここで撮影していたのを思い出す。

d0217090_23201685.jpg
d0217090_23195021.jpg
シーン7

d0217090_23202373.jpg
d0217090_23195056.jpg
シーン8

d0217090_23203098.jpg
d0217090_23195175.jpg
シーン9

冬の懐古園を見ていただけに、今回の春の小諸を見て、変貌っぷりに驚きました。

懐古園周辺は車の渋滞、三の門周辺には8時前から人で溢れてました。

冬に来ていた頃、8時に懐古園に行っていた時は、園内の清掃をされている方ぐらいしかいなかったのに。

改めて、春の懐古園を別途で記事にする予定です。

[PR]
2012年 04月 29日 |
 第10話途中からではありますが、小諸に行く機会がありましたので、夏待ち舞台探訪再開とさせていただきます。今回は、10話に出てくる懐古園内と相生町、そして哲郎が1人であるく路地の写真を載せていきます。場所は何処も近所ある場所ばかりですので、撮影をしにいく分には、まったく問題ないと思います。しいて言うならば、相生町の交差点からの撮影になりますので、車には気をつけていただくことでしょうか。

※当ブログに載せている映像画像の著作権は全て、「© I*Chi*Ka/なつまち製作委員会」様に帰属します。

d0217090_21225163.jpg
d0217090_21232922.jpg
シーン1
3月に訪れた際、この路地を探すのに四苦八苦しておりましたが、
haiiroさんが見事に探し出していただいたので、撮影できました。

d0217090_21225041.jpg
d0217090_21225349.jpg
シーン2
こちらは、懐古園の水の手展望台。おなじみですね。

d0217090_21225148.jpg
d0217090_21233097.jpg
シーン3
哲郎が柵を蹴るシーン。キャプより実際はスペースなんか無いので、必死で限界まで下がって撮影。

d0217090_21232843.jpg
d0217090_21225424.jpg
シーン4
相生町での撮影。車には注意が必要です。

d0217090_21225226.jpg
d0217090_21233160.jpg
シーン5
横の赤い壁はここですが、反対にある建物はおそらく、交差点を北に行ったところになるかと。

d0217090_21225047.jpg
d0217090_21242282.jpg
シーン6
小諸市で発売するポスターはこの展望台からの風景を背景にした仕様です。

d0217090_21232734.jpg
d0217090_21242828.jpg
シーン7
とりあえず、お茶を置くファンもいるかもしれないですね。

d0217090_21224840.jpg
d0217090_21244395.jpg
シーン8
懐古神社。噴水は既に解凍され普通の噴水になっておりますw

d0217090_21224843.jpg
d0217090_21244972.jpg
シーン9
懐古園内でのシーンは中々いいシーンばかりなので、コスプレの撮影でも使えればいいですね。

d0217090_21224931.jpg
d0217090_21245511.jpg
シーン10
懐古神社に行った際は、絵馬にもご注目ください。

次回第11話へ。

[PR]
2012年 03月 19日 |
 今回から第10話のシーンを取り上げていきます。17日18日と小諸へ訪れてきました。また18日には、小諸市の方で夏待ち意見交流会という行事が開催され、参加してきました。色々と意見が発せられ、活発で有意義な時間だったと思います。私自身の個人的な意見に関しては、既に自家焙煎さんで語らせていただいていたので、今回は他にどういう意見があるのか興味がありました。意見諸々、その他の写真などは別途で載せるつもりです。

-小諸市北国街道ほんまち町屋館-

開館日:火曜-日曜
開館時間:夏(4月-10月)9:00~17:00、冬(11月~3月) 10:00~16:00
休館日:月曜日
入場料:無料


※当ブログに載せている映像画像の著作権は全て、「© I*Chi*Ka/なつまち製作委員会」様に帰属します。

d0217090_22325982.jpg
d0217090_22311122.jpg
シーン1

d0217090_22311829.jpg

d0217090_223111100.jpg
シーン2

d0217090_22312926.jpg
d0217090_22311288.jpg
シーン3

d0217090_22311873.jpg
d0217090_22311282.jpg
シーン4
空気の読める子供たち。

d0217090_22315218.jpg
d0217090_22311389.jpg
シーン5
雲で山が見えず、雰囲気だけでも。

d0217090_22322861.jpg
d0217090_22311376.jpg
シーン6
実際に柵を越えて撮影するのは不可能。

d0217090_22321984.jpg
d0217090_22311411.jpg
シーン7

d0217090_22433336.jpg

d0217090_22311489.jpg
シーン8

d0217090_22323471.jpg
d0217090_22311537.jpg
シーン9

d0217090_22315852.jpg
d0217090_22311672.jpg
シーン10
個人的にウッドデッキが気に入りました。

d0217090_2232465.jpg
d0217090_22311647.jpg
シーン11

d0217090_22324781.jpg
d0217090_22311690.jpg
シーン12

d0217090_22325391.jpg
d0217090_22311719.jpg
シーン13

d0217090_2250647.jpg

d0217090_2231173.jpg
シーン14

次回に続く。
[PR]
2012年 03月 14日 |
 第9話最後の今回は、乙女湖及び小諸市文化センターです。乙女周辺というのは、夏待ちにとっては欠かせないスポットになっており、文化センターにはノートも設置されております。139号線沿いの撮影において、車で来られている方は、139号線に路駐せずに、この文化センターの駐車場を利用してください。デッドエンド・柑菜に幸運は待っているのか・・・。

※当ブログに載せている映像画像の著作権は全て、「© I*Chi*Ka/なつまち製作委員会」様に帰属します。

d0217090_23411098.jpg
d0217090_2341743.jpg
d0217090_2341919.jpg
シーン1
似ているシーンですので、同時掲載ということで。

d0217090_23411199.jpg
d0217090_2341850.jpg
シーン2

d0217090_23411192.jpg
d0217090_2341812.jpg
シーン3

d0217090_23411212.jpg
d0217090_2341926.jpg
シーン4
こんなに真っ直ぐではなかったですね。

d0217090_23411218.jpg
d0217090_23411085.jpg
シーン5
乙女周辺で、パンダ傘を差した者が歩く日も近い?

次回へ続く。
[PR]
2012年 03月 14日 |
 第9話の今回は再び軽井沢。再度チャーチストリート登場ということで、既出ではありますが、第9話のシーンとの対比で見ていただければと思います。また、当日は暖かい気温だったのですが、現在は氷点下なので、服装にご注意ください。また、軽井沢駅から旧道へのバスがありますので、時刻表を要チェックしてご利用ください。私の場合は、バスが10分たっても来なかったので、歩いていきましたがw。

※当ブログに載せている映像画像の著作権は全て、「© I*Chi*Ka/なつまち製作委員会」様に帰属します。

d0217090_23155817.jpg
d0217090_2314146.jpg
シーン1
当日は、暖かかったのです。京都にいる普段の服装で問題無し。

d0217090_23155826.jpg
d0217090_2314229.jpg
シーン2

d0217090_23155927.jpg
d0217090_2314236.jpg
シーン3
以前訪れた時は、この階段は雪に埋もれて通行禁止状態。

d0217090_23155992.jpg
d0217090_2314242.jpg
シーン4

d0217090_2316059.jpg

d0217090_2314390.jpg
シーン5

d0217090_2316165.jpg
d0217090_2314416.jpg
シーン6

d0217090_23161067.jpg
d0217090_231445.jpg
シーン7

d0217090_23162423.jpg
d0217090_2314569.jpg
シーン8

d0217090_23163152.jpg
d0217090_2314579.jpg
シーン9

d0217090_2316372.jpg
d0217090_2314578.jpg
シーン10
奥の壁が実際には、ホワイトボードになってます。

次回は第9話の乙女湖周辺を。
[PR]