acqua alta

京都発の「旅」「舞台探訪」「写真」を主したブログ
Top
カテゴリ:舞台探訪:青い花( 6 )
|
|
2013年 10月 23日 |
 今回は久しぶりの「青い花」探訪記事と、10月20日に鎌倉文学館で行われた空気公団のLIVEへの道のりを載せていきます。鎌倉に行くのも久しぶりで、昨年9月30日の台風上陸時に半日だけ観光できたぐらいで、個人的には物凄く久しぶり感ある鎌倉上陸でした。また、鎌倉文学館入館に関しては、昨年9月30日は展示替えで拝観することすらできず、本当に久しぶりの鎌倉文学館でした。

d0217090_16453910.jpg
こちらは、未だに未回収だった北鎌倉でのカットです。
所在は、住宅地につき地図は載せませんが、落ち着いた雰囲気で北鎌倉を一望できます。
d0217090_1645434.jpg
こちらも上記とほぼ同じ場所での撮影。
最終話のカットで、印象的なシーンの一つです。

 TVアニメでのカットはこれである程度カバーできたかと思います。「青い花」は鎌倉を知るキッカケになった作品で、色々と鎌倉の街を歩き回ることで魅力に引き込まれ、「青い花」だけはなく鎌倉に纏わる作品にも興味を抱きました。それが「ラヴァーズ・キス」や「海街diary」でした。今は作品に留まらず、鎌倉で行われる祭事や行事、イベントにもちょくちょく顔を出しては一人で満喫しております。今後もそれは変わらないでしょうし、「青い花」が全てのキッカケであることも変わらないと思います。先月、「青い花」の原作が完結してしまい、寂しい思いがありますが、これから何度でもあきらとふみが息づく街に訪れたいと思っております。


d0217090_171510.jpg
ここからは、10月20日、21日に撮影した鎌倉写真を載せていきます。あいにくの天気でしたが、地元に帰ってきた感が味わえてよかったです。
d0217090_1704825.jpg
鎌倉駅西口時計台前に朝8時集合でしたが、早めに到着したので鶴岡八幡宮にご挨拶してきました。
d0217090_171698.jpg
今回はBTCメンバーである夷さん、ゴン太さん、MatsuYanさん、athnoさんとご一緒させていただきました。
d0217090_1703079.jpg
朝8時にスタバ御成店でご挨拶をしてから、10時開店と同時に和田塚にある無心庵に寄りました。
d0217090_171762.jpg
いつもは一人で来店していたので、また新鮮な感覚でした。私は豆かんが苦手なので、きな粉餅を。
d0217090_170491.jpg
開店同時に入りましたが、すぐに他のお客さんも来店しており、ガイドブックにも定番記載されているだけのことはあります。
d0217090_170315.jpg
食後、13時開演のLIVEに備えて早めの鎌倉文学館入館。
d0217090_171878.jpg
藤ヶ谷女学院通学路。ここに入るだけで、一気に雰囲気が「青い花」に。そして、響き渡る空気公団のリハーサル。
d0217090_1703327.jpg
何時以来だろうか?と遡るほど久しぶりの鎌倉文学館。空気公団LIVEは入館料400円で入場できます。
d0217090_1711094.jpg
こういう通学路を通って、トンネルを抜けて学校に行ける幸せを踏みしめながら・・・。
d0217090_1705287.jpg
庭では軽食を取ることができます。ベンチに座りながら、近所のコンビニで買った食料をmgmg。そして美味しい、文学館ブレンド。
d0217090_1703497.jpg
Twitterアイコンにしていますが、文学館のバラ園が見頃を迎えています。
d0217090_1711428.jpg
バラが見頃の文学館に来たのは初めてで、静寂な雰囲気に咲くバラが心地よかったです。
d0217090_172497.jpg
LIVE準備が着々と遂行中。
d0217090_1721844.jpg
LIVE終了後。鎌倉文学館を背景に聞ける「青い花」。何とも素晴らしく心地よく、いろんな思い出が蘇ってきて感動しました。
「青い花」を演奏されている最中、何度も鎌倉文学館の建物を見てしまいました。風景と音楽がマッチした時の感覚は凄いものです。
d0217090_1722267.jpg
時間が飛んで21日午前の海蔵寺。ゴン太さんに無理を承知で一緒に回らせていただきました。
d0217090_1723321.jpg
私自身は、北鎌倉から亀ヶ谷切通しを経由し鎌倉へ向かうルートが鉄板で、道中にある海蔵寺は花豊かな寺でオススメです。
d0217090_1723896.jpg
こちらは、「海街diary」3巻表紙となっている極楽寺駅前。あいにく土砂降りでしたが、何とか収めました。私が最も好きな地域です。
d0217090_1725186.jpg
御存知、鎌倉高校前駅。雨模様ですので、人も少なくゆっくりとホームで寛げました(笑。
パンを購入して、ここのベンチで江ノ島と海を眺めながら、ぼーっとするのが個人的に贅沢な楽しみです。

 久しぶりの鎌倉でしたが、一度行くと連続で同じ地に行くケースが多い自分ですので、今年中か年末年始にでも再訪するんじゃないかと予想しておりますw。鎌倉に住みたいという思いは以前から強く持っておりますが、実現するかどうかはともかく、思いを持ち続けることに意義がありますからねw。今後の鎌倉探訪としては「海街diary」を中心になると思いますが、今後新規作品が登場すれば、挑戦してみたいですね。
[PR]
2011年 10月 15日 |

8月に訪問して以来の鎌倉文学館。

訪問した8日からは、新しい展示が始まっておりました。

d0217090_2345100.jpg

「お姉さま方、おはようございます。」

d0217090_234667.jpg

藤ヶ谷女学院

d0217090_234888.jpg

受付で、地元の方に無料券を頂きました。

加賀の前田に所縁があり、目黒にも前田邸があるなど、お話させていただいた。

無料招待券を下さった、奥様、ありがとうございます。あと、私は学生じゃないですw

d0217090_234761.jpg

校舎。

d0217090_234783.jpg

10時前に無心庵到着。あきら&恭子のシーン。

d0217090_234849.jpg

あきら&恭子が線路を渡るシーン。

d0217090_234896.jpg

あきら&恭子が和田塚を下車するシーン。

d0217090_234969.jpg

階段を下りるシーン。10分ぐらいここに潜んで、無心庵の開店を待っていた、なので。

d0217090_234996.jpg

無心庵、8日の最初の客は私で。一応食べるシーン。

d0217090_2341069.jpg

あきら&恭子が向き合うシーンを真横から。

d0217090_2341056.jpg

クリームあんみつ。

個人的に苦手で、前に豆かんを食べた時は、震えるほど気分悪かったw

d0217090_2341192.jpg

西鎌倉駅を北に。京子の通学シーン。

d0217090_2341126.jpg

通学シーン2。

d0217090_2341270.jpg

柱が何本もあって、あんまり一致感は得られず。

d0217090_234566.jpg

京子の通学で通るトンネル。

d0217090_2343470.jpg

京子&康が歩く階段。

トンネルを抜けて、先を歩くと、大体ここだと思うんだけど。

d0217090_2344193.jpg

京子&康が歩く階段2。

大体合ってる感覚で。江ノ島が見える鎌倉山スポットって、全て豪邸で埋まってて、見るに見れない。

ここが鎌倉の別荘地ってやつか。

次回は、横須賀・汐入編。


[PR]
2011年 10月 15日 |

改装後初めてのミルクホール訪問。

d0217090_22402394.jpg

路地の風景も青い花のシーンと少し変わったかな。

d0217090_22402647.jpg

小町通り沿い。

d0217090_22402466.jpg

改装前にここで、エスプレッソのカップを買った。

d0217090_22402767.jpg

朝日サイダー。ふみのシーンと大体一致。

d0217090_22402520.jpg

京子&ふみが泣くシーン。

d0217090_22403665.jpg

とりあえず。

d0217090_22403535.jpg

ふみが、恭子を待つシーン。

d0217090_22403794.jpg

怒るあきらが、恭子を待つシーン。

d0217090_22403639.jpg

怒るあきらが待つシーンのアップ。

d0217090_22403885.jpg

ふみがあきらと待ち合わせ。

d0217090_22404763.jpg

ふみの1ショット。

d0217090_22404585.jpg

ふみ&恭子のデート。

d0217090_22404639.jpg

ふみ&恭子のデート。

d0217090_22404891.jpg

ふみ&恭子デート。

d0217090_22404780.jpg

成就院。ふみ&恭子のシーン。

d0217090_22405753.jpg

上記同文。6月の人込みとはえらい違い。なんだか寂しいけど、独り占めしてる気分。

d0217090_2242870.jpg

ふみ&恭子が座るシーン。この御堂、私自身、結構座って休憩してますw。

d0217090_22421589.jpg

定番シーン。

d0217090_22423717.jpg

二人で出てくるシーン。やはり極楽寺は絵になる。

d0217090_22424444.jpg

稲村ヶ崎駅を下って、セブイレに突き当たったところを、右に行くとある。

d0217090_22425053.jpg

稲村ヶ崎と七里ガ浜の時刻表を確認して、来るのを待っていた、なので。

d0217090_22425754.jpg

最新シーン?でおk?

あーちゃんが、ふみ&恭子の関係に悩むシーン。七里ガ浜のセブイレ前にて。電柱ないけどw

d0217090_2243836.jpg

鎌倉高校前駅にて。車が走ってるので、少しわかりずらいかな。

次回こそ、鎌倉文学館でw

[PR]
2011年 10月 15日 |

東北沢から小田急で藤沢へ向かい、宿に荷物をおいて、まずは北鎌倉。

鎌倉巡りの始めは、北鎌倉なのが、私の掟です。

フリー切符は、「鎌倉・江ノ島パス」というJR藤沢ー鎌倉間、江ノ電、湘南モノレールが乗り放題で680円。

探訪にはこれ以上ない最高の切符。

写真枚数が多いので、青い花キャプは載せません。

青い花ファンなら、写真でシーンが分かるはずですので。

d0217090_16554128.jpg

いつも思うけど、北鎌倉の東側の出口に不満を覚える。

d0217090_16553998.jpg

あきら登校シーンです。

d0217090_1655407.jpg

ここの改札、もうちょっとどうにかしてほしい。

d0217090_16554172.jpg

キャプでは線路の向こう側からの撮影ですが、民家なため不可能。

d0217090_16554273.jpg

ここはリアルに北鎌倉の女子学生が通学で通る道。

d0217090_165623.jpg

かなりのローカル感。歩いて鎌倉入りする人を除いて、まぁ観光客は来ないところ。

d0217090_1656341.jpg

御存知、通学路。

d0217090_1656258.jpg

またしても御存知。

d0217090_165646.jpg

結構、周辺はのんびり感。

d0217090_1656042.jpg

忍の車での送りシーン。

d0217090_16561523.jpg

なんだか、一致できない。建物増えてるのだろうか。

d0217090_16561614.jpg

あきら宅から最寄のバス停で鎌倉駅へ。

d0217090_16561796.jpg

作中では北鎌倉行になっていたけど。

d0217090_16561746.jpg

車から出るあきら。

d0217090_16561891.jpg

地下道へ入ろうとするシーン。

d0217090_16563371.jpg

地下道を走るシーン。ここでの撮影は人の眼を気にすると思うけど、おかまいなし。

d0217090_16564060.jpg

地下道上から。この道は、HNKに宿泊する時は必ず通っていたので。

d0217090_16564731.jpg

何かの集まりかで、人がたくさんいて、上向きな写真が精一杯。

d0217090_16565528.jpg

ふみを待つあきらシーン。

次回は、鎌倉文学館から。


[PR]
2011年 10月 13日 |

旧前田侯爵邸の次は、横にある和館。

青い花では、杉本4姉妹の屋敷でもあります。

d0217090_1836452.jpg

作品では、車が駐車できるようですが、実際には無理。

d0217090_18365284.jpg

こういう所に入るのって、京都に住んでいるせいか、特に新鮮味はない。

d0217090_1837074.jpg

この名前に違和感。

d0217090_1837630.jpg

設計上、完全一致できず。

d0217090_1837133.jpg

杉本4姉妹の長女の背景。

d0217090_18371997.jpg

だいたい一致。

d0217090_18372560.jpg

祖母の家と結構似てる。こういう庭はさすがに無いけどw

d0217090_18373195.jpg

2階は立ち入り禁止。杉本4姉妹末っ子の恭子の部屋を見たかった。

d0217090_18373619.jpg

東京では、こういうのは珍しいのだろうか。

部屋から庭を眺める感じは、京都左京区の詩仙堂に似ている。

次回は鎌倉へ。


[PR]
2011年 10月 12日 |

早朝に新宿西口に到着し、サザンクロスのスタバで朝食。

そして、西新宿まで歩き、そこから小田急で東北沢駅へ。

そこから、徒歩10分ぐらいで、旧前田侯爵邸に到着します。



この屋敷は、作品「青い花」の藤が谷女学院校舎の内部に使われており、

また、和館に関しては、杉本4姉妹の実家としてほぼ忠実に描かれている。

d0217090_21413985.jpg

開門と同時に入場。

さぁ、青い花探訪のスタート!キャプは無しでも、お分かりいただけると思う。

d0217090_21414595.jpg

玄関。

開門と同時に入ったので、館内は掃除中。

管理をされている方々全てに挨拶。

d0217090_21415290.jpg

ここを走ると、名前と学年と組を聞かれ、最初から歩かされます。

d0217090_21415821.jpg

洋館はいいですね~。

いろんな洋館を見学しましたが、ここは変に緊張しない、落ち着きがあります。

ある意味、ここで昼寝も出来るw

d0217090_214243.jpg

藤が谷の生徒達は、窓辺でおしゃべり。掃除中もおしゃべり。というシーン。

d0217090_21421066.jpg

この中庭には目を惹かれました。

こういう庭があるなら、ガンガンとハーブを育てますよ。

d0217090_21421798.jpg

談話室かと。

こういう部屋にソファを置いて、寝転がりたい。

d0217090_21422496.jpg

外装にもこだわりがある洋館ですな。

d0217090_21423059.jpg

京子が絵画を眺めるシーン。

d0217090_21423710.jpg

奥にはこのような吹き抜け。

夜は階段を上がる音が聞こえるのですね。

d0217090_21424442.jpg

ドドドドドドドドドドド!

コラっ!


d0217090_21425187.jpg

ライトもまた、味を出してます。

d0217090_21425781.jpg

あきらが怒られるシーンですが、設計上、無理でしたw。

d0217090_2143491.jpg

こういうステンドガラスは雰囲気を出しますし、この大きさがいい。

d0217090_2143112.jpg

隙間から見える庭。

芝生を作って、思う存分FOOTBALLをしたいな。

d0217090_21431755.jpg

こんな庭がある家がほしい。

d0217090_21432487.jpg

やっぱ、ここは走っちゃダメだわ。

d0217090_21433129.jpg

素晴らしき天気の中でした。

次は和館を。
[PR]