acqua alta

京都発の「旅」「舞台探訪」「写真」を主したブログ
舞台探訪:坂道のアポロン【OPシーン】
2012年 05月 16日 |
 休みを利用して、長崎県佐世保市に行ってきました。「坂道のアポロン」の舞台として十分に探訪で要素がありますし、観光目線からも楽しめました。登場するシーンは、佐世保市の観光エリアが多々登場しております。60年代の街の風景であれど、何となく雰囲気で一致できるクオリティでした。

 佐世保市内を巡るにおいて、オススメなのが市営バス1日乗車券500円。佐世保は言わずと知れた坂の街ですので、バスが細かく地域に行き渡っています。アポロン巡礼をするにおいて、九十九島水族館まで一日乗車券で行けますので、一日乗車券500円分の元は取れると思います。


※当ブログに載せている映像画像の著作権は全て、「©小玉ユキ・小学館/「坂道のアポロン」製作委員会」様に帰属します。

シーン1
亀山八幡宮。柵が新しく整備されていたり、奥の佐世保市役所が大きく立て替えられていました。

シーン2
九十九島の恵比寿神社の裏から撮影してみました。高さは足りないですが。

シーン3
作品のタイトルにもなった坂道です。通学路として実際に使われております。

シーン4
毎朝この坂道を登って、通学するのは億劫です。

シーン5
何となく雰囲気で合わせて見ましたが、実際には見つけられず。


方角的にはこちらになりますが、道路からの風景でこのようなのは発見出来ず。

シーン6
九十九島の遊覧船から撮影。大体雰囲気的に推測してみました。

公式HP:http://www.noitamina-apollon.com/

各スポットの詳細は次回以降に。

■  [PR]
Commented by 佐世保生まれ at 2012-04-30 12:05 x
シーン2は、鹿子前(かしまえ)から俵ヶ浦にかけての半島西岸の九十九島(くじゅうくしま)のどこかだと思います。あの岩は以前全く同じ構図の写真だったか絵だったを見た記憶があります。有名だと思うので特定する気になればすぐ特定出来ると思います。
シーン5は、海岸が左手にあり、町の見える角度、バスのフロントグラスの向こうに佐世保湾内の弁天島が見えている点から、中心部から干尽町、天神町を通って沖新町へ抜ける道路の高台のどこかだと思います。お察しの通り北高周辺からかなり離れていますが、この辺りから北高に通う生徒も多かった気がします。
シーン6は、特定出来ませんけども鹿子前周辺ではこんな光景は見かけない気がするので、もっと南部の俵ヶ浦の方かもしれません。
シーン7は、物語的には今ではほとんど無くなってしまいましたが、三ヶ町の佐世保川側の米兵向け飲み屋街の一角だと思われます。ただシーン的には四ヶ町の夜店通りのコンビニや映画館付近の一角に似ている気がします。
Commented by 海街 at 2012-05-01 17:42 x
コメントありがとうございます。

鹿子周辺から歩いて探すには中々大変そうですね。有名な風景という手がかりに期待したいところですw。

バスが走っている道路は、教えていただいた参考をヒントにだいたい場所を絞れた感じがします。バスが走れる道という点と道と景色の方向で絞れますね。

飲屋街的な地域に似ているということですね。レコード屋があれば最適ですが、音楽関連の店でもあれば嬉しいです。

海岸シーンは、アクセス的に少し大変そうですね。
Commented by 佐世保生まれ at 2012-05-01 20:14 x
律ちゃんのムカエレコードや淳兄のしらゆりがあるとされている三ヶ町は、
70年代半ばのアーケード化と一、二年前からの再開発で二度に亘って大きく変わっているので廃業や移転の可能性も高く、同定は難しいと思います。
Commented by umi-machi at 2012-05-02 20:34
3話で登場した三ヶ町の商店街の看板だけでも探し出そうかと思います。ただ、作中に見る風景とはかなり違うことに戸惑うことになりそうですけどw。

海岸のシーン諸々とバスが走っているシーンが今のところ、確定要素がないので、撮影時は困難になりそうですw
Commented by 佐世保生まれ at 2012-05-02 21:12 x
あの三ヶ町入り口は北高方面から来てるので、
四ヶ町・三ヶ町アーケードの北端、国際通りに面した側です。
近くにバス停があるのですぐにアクセス出来ると思います。
ただアーケード化された際に幅員が拡張され、
その後の小規模改装で看板も「三ヶ町」から「サンプラザ」に変わってしまっています……orz
Commented by umi-machi at 2012-05-02 21:31
看板が変わってるのは辛いですね、60年代の作品という要素を取り入れれば仕方ないのかもしれないですが、絶対に不可能なシーンに関しては、「だいたい合ってる」で撮影する予定ですw。

今のところ、天神町付近かもしれないバスの道、鹿子周辺、白浜周辺で、作中に出てきた風景があるかどうかですね。
Commented by シーン5 at 2012-09-11 02:58 x
天神町の汐入の信号の三叉路から競輪場に下る、しーじゃっく(100円寿司)のバス停付近です。
ここが丁度、峠になっています。
アンピール大黒の少し上ではりません(記事中の写真)。バスが日に朝夕2~3本しかありません、更に写真の方向は北。アニメの方は佐世保駅裏(元の魚市場)辺りになります。
あってると思うんだけどな~

海軍工廠の頃、SSK?で建造された軍艦は軍の秘密だった、そのため一般人が見れないように2mほどの塀が、いたる所にあった。 その名残で、汐入(天神循環線)や日野峠線など僅かに少し残っている物がアニメにも描かれている。

今のように合同選抜以前は、南高と北高(東?)、後に県立になった市立西高は、校区が違い進学できる高校が選択できなかった。
そのため大黒町~天神町が校区の境目。 また北病院(堺木町)から西は、眼鏡岩など西高校区になります。

注意深く見るとアニメの校門シーンの引きで、校章に『北』の漢字のを3つ合わせたデザインになってるのがわかります。
XML | ATOM

skin by excite
Simple Left Black Skin by Sun&Moon