acqua alta

京都発の「旅」「舞台探訪」「写真」を主したブログ
Top
たまゆらの日2011~おかえりなさい、あたたかな町へ~ PART.7
2011年 11月 26日 |
 20日、二日目の宿は竹原シーサイドホテル。今回初の宿泊になります。この宿に泊まることだけでも非常に楽しみにしておりました。なんせ、全室オーシャンビュー、展望風呂、展望露天風呂を完備しているという素晴らしいお宿。さらに、受付の女将さんも優しい方でした。

 20日のファイナルイベント終了後、ほぼろで晩御飯を食べて、竹原駅へ。竹原から呉線で、安芸長浜駅で下車します。そこから20分ぐらい歩くことになるのですが、街頭は所々しか無く、真っ暗な中はIPHONEのライトアプリを駆使して、危険から回避。波音が聞こえる中、非常に寂しく、遠く、重い荷物を持っての行動。今回の旅で、一番辛かった、、、なので。

 料金は5040円というお安さ。日が既に暮れていたので、瀬戸内海の島々は見えませんでしたが、対岸の島々の光が見え、何とも不思議な感覚。陸続きで繋がっているんじゃないかと思ってしまいますが、目の前には海があり、あの光は島なんだと。

 展望風呂で、竹原港で働いているという若い方に会い、風呂に浸かりながら、土日に竹原に人が押し寄せていた理由などを話してました。「たまゆら」という作品の舞台になっていることや、深夜に放送していること、竹原でグッズなどが買えることなどを情報交換し、今度見てみたい!とのこと。有意義なお風呂会話でした。

d0217090_19534924.jpg

 よく朝、ホテル周辺を散歩&キャプ回収に出かけました。第5話に登場した、エデンの海付近の撮影を完了後、休憩ベンチで瀬戸内をのんびり眺める。この景色を見るために、この宿に宿泊したと言ってもいいです。海の静けさにびっくりです。

d0217090_19534968.jpg

d0217090_19535018.jpg

 この近くには、OPで志保美りほさんが呉線を撮影しているシーンがあるのですが、何となく、この景色を眺めていたいということで断念w。次回撮影に取って置く事にします。

d0217090_19535077.jpg

この景色、やさしさに包まれた景色、癖になりそうなので。

[PR]
by umi-machi | 2011-11-26 20:08 | 舞台探訪:たまゆら | Comments(4) |
Commented by ソラ -sora- at 2011-11-27 15:31 x
おつかれさまでした!
いいですね、充実の旅だったようで、羨ましいです。
皆さん薄着でおられるところを見ると暖かいのでしょうか。。。

来年の夏を目処になんとか行けるように頑張りたいと思います♪

Commented by 海街 at 2011-11-27 18:03 x
今年総決算の旅だったので、充実過ぎる3日間でしたよ。
やさしさに包まれた瀬戸内の島は、笑顔で出迎えてくれます。
そして、竹原は我らたまゆらーの母!
いつも、おかえりなさい、と温かい言葉で迎えてくれますよ!

気温はさほど寒くはなかったですね。ただ、今は寒いかもしれないですがw

宿泊なら、大広苑か竹原シーサイドをオススメします!シーサイドは、キャスト陣ご用達ですよ。たまゆらじおにも出てきますしw
Commented by ソラ -sora- at 2011-11-28 22:34 x
こんばんわ♪
なるほど・・・こうやって竹原が賑わっている様子を汐入から眺めているのは、ちひろちゃんの気持ちです(ノ_・、)

大広苑と竹原シーサイドさんチェックしておきます!
3日ぐらいかけて大崎下島にも宿泊できればと今から楽しみにしてます!
Commented by umi-machi at 2011-11-29 22:41
竹原駅から竹原港に向かう際は注意をw
下島には、のどか亭という美味しい店があるので、そこでご飯をオススメします!
後は、コンビニで事前に色々と軽食等を購入することをオススメします。

大長にはレンタサイクルもありますし、バスもあるので、楽しめますよ!

シーサイドは、キャスト陣も入ったお風呂がありますよw