acqua alta

京都発の「旅」「舞台探訪」「写真」を主したブログ
Top
たまゆらの日2011~おかえりなさい、あたたかな町へ~ たまゆらクルーズ PART.3
2011年 11月 23日 |
 ファイナルに当選しなかった身として、「たまゆらクルーズ」というイベントがどれだけ大きなウェイトを占めていたか、想像に難しくない。旧笠井邸を満喫後、物販には目もくれず、町並みエリアから竹原港へと向かいます。結果的に、竹原港へ何度歩いて向かった事か!(笑。あの道の景色は目に焼きついてますw

 到着が少し早かったのですが、たまゆらイベント関係のスタッフの方と竹原エリアの歴史について話を聞かせてもらい、時間を有意義に過ごすことができました。竹原に来て思うのですが、京都と違い、地元の人が色々と話をしてくれたり、話しかけてくれたりすること。やさしさに包まれていることを、実感します。

 で、たまゆらイベント恒例の開始時間の遅れがあり、押しに押しての開催。たまゆらーなら、そんな遅延も想定内なので、もちろんなので。

d0217090_22363680.jpg


 たまゆらクルーズスタート!という合図もなく、いきなりの出航。イベント参加者は、幾分戸惑い模様。港で手を振る方々に向けて、手を振り返す。堤防にいる関係の無い?人に向けても大いなる手振り。

d0217090_22363664.jpg


 そしていきなり音が流れてきて、このイベントに登場予定の竹達さん、チキブさんの船長室からのアナウンス。もうテンションが高すぎて、音が割れてて、むちゃくちゃでした。

d0217090_22363740.jpg

d0217090_22363739.jpg


 キャスト陣、さとじゅみち監督が語る場所。雨がたまって、こぼれるんじゃないかと思いましたが、スタッフさんが見事にやってくれましたw。即席でしたが、何とか無事に終わりましたね。2階の人は、あの柵から見ていたのだろうか。私は1階で、下に座っていましたが、地面が硬くて、しびれましたね。

d0217090_22363730.jpg

 ハイテンションのアナウンスが聞こえてくるおかげで、たまゆらっぴんぐフェリーが一体どこにいるのかまったく分からずw

d0217090_22363846.jpg

d0217090_22363884.jpg

d0217090_22363984.jpg


 あっという間に終わったイベントですが、記憶に残り続ける最高のイベントになったと思う。俺たちは、この竹原で、たまゆらクルーズという過去例の無い、アニメイベントに参加したんだ!という誇りを持ち続けると思います。
[PR]
by umi-machi | 2011-11-23 22:59 | 舞台探訪:たまゆら | Comments(0) |